エーペックスレジェンズ:新シーズン「救世主」開幕! 覚えておくべきことまとめ

エーペックスレジェンズ:新シーズン「救世主」開幕! 覚えておくべきことまとめ

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では、日本時間5月11日にシーズン13「救世主」がリリースされました(正確にはシーズン番号は廃止)。新たな戦いに赴く前に、本日までに発表された、この大型アップデートでの変更点をまとめて再確認しておきましょう。

APEX 新シーズン「救世主」で覚えておきべきこと

エーペックスレジェンズ: 救世主」バトルパストレーラー

『エーペックスレジェンズ』シーズン13の副題は「救世主」。新レジェンドとして、シールドを駆使して戦う英雄的なディフェンダー・ニューキャッスルが登場するほか、バトロワマップのストームポイントに、新エリア「ダウンビースト」や新機能「IMC武器庫」が追加されました。他にもアップグレードしたランクシステムや、新バトルパスなどが登場します。

新レジェンド・ニューキャッスル

APEX_Legends_Screenshots_S13_Action_NewcastleandBangalore_C

新レジェンドのニューキャッスルはハリス・バレーの人々に愛されるヒーローですが、実はその正体はバンガロールの双子の兄で、これまでずっと行方不明とされていたジャクソンです。

とある事情から妹のいるエーペックスゲームに参加することになった彼は、元IMC兵士としての高い戦闘能力でチームのディフェンスを支援します。

  • パッシブアビリティ:負傷者を救出する
    • ダウンした味方をシールドで守り、移動させながら蘇生することができる
  • 戦術アビリティ:モバイルシールド
    • ドローンを投擲して可動型のシールドを展開する
  • アルティメットアビリティ:キャッスルウォール
    • 任意の場所に跳躍し、周辺の敵を吹き飛ばすと共に要塞を成形する

アビリティセットはいずれもシールドで固められており、チームをサポートするのにはうってつけのレジェンドです。シールドを使ったサポートテクニックでは定番だったジブラルタルとは異なり、ニューキャッスルの戦術アビリティはシールドとともに移動できることが大きな特徴で、チームの防衛戦術に新たな幅が広がるでしょう。

ニューキャッスルのアビリティについてのさらに詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

ストームポイント改変

エーペックスレジェンズ: シーズン13ストームポイント改変、怪物を改造した新エリア"ダウンビースト" / PvEミニゲームができる"IMC武器庫"が登場

ストームポイントの北西に、新マップ「ダウンビースト」が追加されました。海から出現した謎の巨大生物の死骸を改造して作られたこのエリアは、怪物の体内を探索してアイテム収集ができるほか、怪物の巨体に登ることで高所からの射線を確保するなど、さまざまな活用法があります。

「ダウンビースト」の追加に合わせて周辺のローテーションも変化しており、さらにマップ全体で、外見や構造が微調整されただけでなくアイテム分布も変化しています。これにより、ストームポイントでのこれまでの立ち回りは一旦見直しを図ることになるでしょう。

APEX_Legends_Screenshots_S13_StormPoint_MapUpdate_SpectreShacks_J

また、マップの各地には新たに「IMC武器庫」も出現しました。この小さな施設では、NPCの戦闘ロボット・スペクターと戦うミニゲームで遊ぶことができ、その成績に応じて、バトロワの試合展開を優位に進められるアイテムや、武器のアップグレードを手に入れることができます。

ランクマッチ改変

リリース以来さまざまな意見のあったランクマッチですが、そのシステムがシーズン13から大きく変更されました。

優先的に覚えておくべき大きな変更点は主に2つあり、一つはランクポイント(RP)の獲得方式が全体的に見直されたことです。仲間のキルによるRPはその一部がチームメイトにも分配されるようになり、さらにアシストに関するルールも変わったことで、一試合ごとに期待できるRPの獲得量は以前よりも多くなっています。その代わりに、ランクマッチの参加費は全ランクで増加し、ランクアップに必要なRPも増加しています。

もう一つは、新たに降格ルールが実装された点です。これまでの降格保護については、保護されるのは「3回まで」と制限つきになりました。

さらに詳細な変更内容は、こちらの記事でご確認ください。

レジェンドや武器への調整など

シーズン13全体のアップデート内容詳細は公式パッチノートにも記載されています。新シーズンではクレーバーなどの武器が弱体化されている点に注意が必要なほか、ヘルメットの強化やヘッドショット倍率変更など、細かな調整も加えられています。

  • クラフト武器:ランページとR-301
  • ゴールド武器:EVA-8、ボセックボウ、フラットライン、P2020、スピットファイア
  • 「鉄壁」持ちのレジェンドが、ヘッドショットへのダメージを軽減しなくなる
  • ランパート強化:アビリティの展開時間短縮など
  • ヴァルキリー弱体化:スカイハイダイブ発射の際に自由回転が不可に
  • ヘルメット強化:ヘッドショットダメージ軽減率増加
  • 弱体化武器
    • クレーバー:ダメージ減少など
    • ランページ:リロード時間増加など
    • Lスター:クールオフ時間増加など
    • ディヴォーション:ダメージ減少など
    • スピットファイア:ダメージ減少など

他にも、「マップ外のエリア」でできることに新たに多くの制限がかかっています。パッチノート全体については、こちらの記事でご確認ください。

シーズン13「救世主」でも、もちろん100ティアにわたる新たなバトルパスが登場します。無料トラックの他にも、950APEXコインでプレミアムトラックをアンロックすることができ、報酬に含まれるAPEXコインを集めていくことで、購入に使ったコインを丸ごと回収することも可能です。

いよいよ始まったこの新シーズンでは、果たしてどのような戦いが繰り広げられるのでしょうか。新コンテンツをプレイしつつ、いち早く新環境で強い立ち回りの研究に取り組んでみてください。

GOOD SMILE COMPANY
¥5,965 (2022/04/23 12:45時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
Rakuten
\最大10%ポイント追加!/
Yahoo

Source: Apex Legends Official

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    最近冗談抜きで弱体化ばっかだな
    クラフト枠2個だけとかいう中途半端な数も続投だし

  2. By 匿名

    弱体化ばっかりでどんどんキルタイムが長くなって漁夫られる。こんな流れになってつまらなくなっていきそう。

匿名 へ返信する コメントをキャンセル