レインボーシックス シージ:新シーズン”オペレーション・ブルータルスウォーム”新要素 / 競技マップ「スタジアム2021」復活 / マップBANが5択に / Castleエリートついに登場など

レインボーシックス シージ:新シーズン”オペレーション・ブルータルスウォーム”新要素 / 競技マップ「スタジアム2021」復活 / マップBANが5択に / Castleエリートついに登場など

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』は、8月22日に新シーズン・アップデートとなる「オペレーション・ブルータルスウォーム」の全貌を公開しました。

この記事では、リニューアルされて復刻したマップ「スタジアム2021」や各種のゲーム内システムの機能追加・改善について一挙に紹介していきます。

新シーズン「オペレーション・ブルータルスウォーム」の新要素・改善点

レインボーシックス シージ | インパクトEMPグレネード実装!リコイルシステムがリワーク!サプのダメージ減衰削除など Y7S3の新要素7種を紹介 – EAA

復刻マップ「スタジアム2021」

スタジアム2021
スタジアム2021がマッププールに追加

Y7S3で予定されていた新マップが、次回Y7S4にスキップされたのに合わせて、イベント用マップとして過去に使用されていたスタジアムマップが、「スタジアム2021」となって再登場します。こちらのマップはランクマップのマッププールにも組み込まれます

内部は「国境」と「海岸線」の各部屋を合体させたキメラ構造になっているため、この2マップで培った立ち回りや知識が応用でき、新マップで戦うときの抵抗感も少なく済むでしょう。一方で透明な防弾ガラスなど、このマップ特有の要素もある点には注意が必要です。

スタジアム2021
「国境」と「海岸線」の合体マップ。各所が見覚えのある構造になっている

全体のつくりはイベント使用時と同じですが、内装の色分けがエリアごとに分かりやすくなっており、攻撃側のスポーン位置も調整して、バランス面でもアップグレードが図られています。

マップBANが変更、3択から5択に

マップBANが5択に増加

アンランクとランクマッチにおける「マップBANフェーズ」が調整され、これまでの3択から5択になりました

各チームがそれぞれ1マップずつBANし、残った3つのマップからランダムに対戦マップが決まる方式です。

両チームが同じマップをBANした場合は、残り4マップの中からランダムに選ばれます。これにより、絶対に避けたいという1マップだけは弾きつつ、さまざまなマップでプレイする機会が増えるでしょう。

マップ内の爆弾の場所が分かりやすく

爆弾位置の表示
爆弾のある場所も表示されるようになった(※画像は「訓練場」のもの)

これまで攻撃側の誰かが爆弾を発見したときは、単にそれが報告されるだけでしたが、Y7S3ではUIに具体的な場所名も表示され、さらに出撃地点を選択するマップにもアイコンが表示されるようになりました。

射撃練習場がより便利に

射撃練習場_01
弾数(分母)無限など、射撃練習場がより便利になった

「射撃撃練習場」にも、以下のアップデートが加えられました。

  • 各オペレーターのメニュー画面から直接、射撃練習場に移動できるようになった
  • 射撃訓練場での弾数(分母)が無限になった
  • ターゲットのレイアウトが変更され、ダメージ以外にヒット弾数も見られるようになった
  • ダミー人形の角度を変えられるようになった
  • ラジオが設置されBGMが聞けるようになった
  • (固有ガジェットやサブガジェットが使えない点はそのまま)

プレイヤー保護機能「テキストチャットミュート」追加(シーズン期間中)

Six Berlin Major – Grand Final – Day 6 1-3-50 screenshot

悪質なプレイヤーから他のプレイヤーを保護する機能をアップデートし、テキストチャットで悪口雑言を繰り返すプレイヤーのメッセージは、デフォルトでミュートされるというペナルティがかかるようになりました。こちらはシーズン3の期間内に実装されます。

テキストチャットを自動ミュートされたプレイヤーは、メッセージの送信と受信をすること自体は可能ですが、送信したメッセージは、そのプレイヤーの自動ミュート設定を解除するまでは表示されません。

  • 新システム導入に合わせて、全プレイヤーには評価期間が設けられる
  • 評価期間終了後、あまりにも多くの悪意あるテキストの送信や、テキストチャットの乱用を繰り返したプレイヤーは、30マッチ分のペナルティを得る

マッチリプレイからのチーター報告機能

反省会に便利なマッチリプレイ機能ですが、チーター疑惑のあるプレイヤーを確認する目的でもさらに便利になりました。Y7S3では、疑わしいプレイヤーをマッチリプレイ画面から直接通報できるようになりました。

フレンドにバトルパスをプレゼント

バトルパスの有料トラック(プレミアムパスとプレミアムパスバンドル)をフレンドにプレゼントできるようになりました。ただし贈れる対象は同じプラットフォームのプレイヤーに限り、またフレンドになってから91日以上が経っている必要があります。

バトルパス購入でショップのアイテムが10%割引

バトルパスの有料トラックを購入する、またはプレゼントされたプレイヤーは、ゲーム内ショップの全アイテムが10%割引される特典が新たに得られます。割引は、そのバトルパスパスのシーズン期間内で有効です。

Castleエリートが登場

防衛オペレーターのCastle(キャッスル)にエリートセットが登場。これで初期オペレーター20人全員がエリートセットを獲得しました。

エリートセット「Point Blank Justice(ポイントブランクジャスティス)」は日本時間8月23日よりリリースされます。

テストサーバーは8月23日、シーズンリリースは9月7日

新シーズン「オペレーション・ブルータルスウォーム」では、新オペレーターGrimや復刻マップ「スタジアム2021」が登場。そしてオペレーターのロードアウトに大量のバランスアップデートが入ります。

テストサーバーは日本時間8月23日からスタート、シーズンリリースは日本時間9月7日です。多くの変更がなされた新シーズンを、新鮮な気持ちでぜひお楽しみください。

  • タイトル:Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)
  • 発売日:2015年12月10日
  • 対象機種:PS5, PS4, Xbox Series X|S, Xbox One, PC(Steam
Logicool G
¥24,900 (2023/01/26 13:48時点 | Amazon調べ)

Source:

コメントする