CoDシリーズは”Xbox独占”の運命? 「契約は3年」で「Microsoftの提案は不十分」とSIE CEOが批判

CoDシリーズは”Xbox独占”の運命? 「契約は3年」で「Microsoftの提案は不十分」とSIE CEOが批判

MicrosoftによるActivision Blizzardの買収が当初の計画通りに行なわれるかに注目が集まる中、PlayStationを手がけるSIEのCEOジム・ライアン氏が、Xbox版とPS版の両方でCoDをリリースするという2社間の契約は、「SIEとActivisionの契約終了後3年間のみ」のものであると明かしました。

難航するActivision Blizzard買収計画

[速報] MicrosoftがActivision Blizzardを買収へ

MicrosoftによるActivision Blizzardの買収が報じられた後、議論となった点の1つは「Microsoftがゲーム産業を独占し、健全な市場競争を損なう可能性」でした。この点については目下調査が続いており、先日もイギリスのCMA(競争・市場庁)による本格調査に進む可能性が報じられました。

ビジネスの事情はともかく、我々プレイヤーにとって気がかりなのは「『Call of Duty(コール オブ デューティ)』シリーズは今後もPlayStationでも発売されるのか、それともXboxの独占タイトルとなるのかという点です。

MicrosoftのXbox事業を統括するフィル・スペンサーCEOは、買収が発表された1月の時点で、「Activision買収完了後も数年は、CoD作品をPS版でもリリースし続け、全プラットフォームで同じ機能をもたせることを保証する」旨をソニー側と同意していると述べていました。「数年」という部分が引っかかるものの、PS版CoDプレイヤーはこの報道にとりあえず一安心となりました。

数年=たったの3年。ジム・ライアン氏が明かす

しかし現地時間9月7日、PS版CoDプレイヤーに不穏な一報が飛び込んできました。PlayStationを手がけるSIEのCEOジム・ライアン氏が、Gamesindustry.bizに向けて以下のコメントを寄せています。

「民間企業間での話し合いと理解していたので、コメントするつもりはありませんでしたが、フィル・スペンサー氏がこの件を公の場に持ち込んだことから、事実関係をきちんと確認しておく必要を感じています。

Microsoftは、Activisionとソニーの現在の契約が終了した後も、『コール オブ デューティ』を3年間PlayStationに留まらせることを提示したのみです。『コール オブ デューティ』は20年近くPlayStationのもとにあったことから、Microsoftの提案は様々な点で不十分であり、プレイヤーの方々への影響を考慮できていません。我々は、PlayStationプレイヤーの方々に最高品質の『コール オブ デューティ』体験を提供し続けることを保証したいのですが、Microsoftの提案はこの規範を損なうものです」

ライアンCEOにより、PS版CoDの新作リリースについて「数年間」続くと濁されていた部分が、ActivisionとSIEの契約終了後3年間と、具対的な年数が明かされました。

2027~2028年には「PS版CoD」が消える?

なおBloombergの以前の報道によると、ActivisionとSIEの現在の契約は2024年まで続きます。そこから3年はMicrosoftとSIEの契約が有効であるとすると、2027年から2028年にかけての新作から、XboxがCoDを独占することが可能になると予想されます。

ライアンCEOの言葉は「事実関係をきちんと確認しておく(set the record straight)」、「(提案は)さまざまな点で不十分(inadequate on many levels)」など、Microsoft側に誤りがあり、それを批判するような内容となっており、最終的にはCoDシリーズがXbox独占となることを見据えたような話しぶりです。

『Cod:MWll』『ウォーゾーン2.0』は無関係だが…

10月28日にリリースされる最新作『Cod:MWll』や、年内リリースが予定されている『ウォーゾーン2.0』は、少なくとも今回の話とは無関係です。しかしCoDのプラットフォームが今後どうなるのか未だにはっきりしていない点は、PS版プレイヤーの不安の種であり続け、ゲーム産業のみならずプレイヤーコミュニティにもダメージを与えることが懸念されます。

買収計画そのものの経過も含めて、Microsoft側からの次の発言が待たれるところですが、いずれにせよ多くのCoDファンが納得する形におさまることを祈るばかりです。

MicrosoftによるActivision Blizzard買収騒動の流れ

約690億ドル(約9兆円)にも登る巨額買収騒動の流れは下記をご覧ください。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥8,100 (2023/01/16 23:20時点 | Amazon調べ)

Source: Gamesindustry.biz

コメント

  • Comments ( 18 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    契約は一定の区切りをつけてその都度更新していくもんでしょ
    Activisionとソニーの契約だってそうなんだから

    • By 匿名

      そんなこともわからないのがトップとか大丈夫かなソニー

  2. By 匿名

    独占する必要はないけど
    ゲームパスには即入れてくれ

  3. By 匿名

    この買収通らんと思うわ。COD独占は業界取ったに等しい状態になるし
    ヴァンガードがコケたから「大した事なくね?」って言われ方してるけど
    bocwまでは毎年一番売れてるソフトやでCODは

  4. By 匿名

    将来的に3年以上マルチに展開するとしても、どこかで期限切るのなんて契約において当たり前やろ
    それが5年だろうが、10年だろうが、「じゃあその先は独占なの?」って憶測出るだけ
    そんな永久に何かを約束する契約なんて商的なリスク上なかなか無いわ

  5. By 匿名

    今のCODにプラットフォームを移行させる程の力は殆ど無いよ。

    全盛期のPUBGがそれを証明してる。

  6. By 匿名

    二大巨頭が崩れた今グローバルに展開しなければさらに悪化すると思うけどな、
    既に終わってるし、こないだのベータできた無料ゲーなんて凄い出来が良かった、

    HALOなんて多少人いるけど息しない、CODだからといってCW vanguard、次のMW2がコケたらそんな事言ってられないと思うけどな

  7. By 匿名

    そりゃあんな金額払って独占しませんって慈善団体じゃないんだから…

  8. By 匿名

    すでにオンライン過疎りまくりの終わったコンテンツだし別に独占でもいいけどな

    • By 匿名

      Warzoneの様子を見る限り海外では普通に人いるかもだけど、日本ではマジで過疎ってるよな。CWとヴァンガードは1年持たんでロクにマッチングしなくなったし

  9. By 匿名

    その独占云々をソニーさんがブロック権行使してやってきてたんですけどね、初見さん

    • By 匿名

      またブロックガーですか

  10. By 匿名

    PSにCoD出ないって普通に両者とも損するだけだと思うんだが
    SIE側は当然として、MS側も人口の半分以上を切り捨てることになるしそれでCoDオワコンになりうるし

    • By 匿名

      実際それなのよね CoDみたいに課金で集金するのが目的なゲームはとにかく出せるとこにはとことん出して課金させる方が収益良い訳で それよりも新IPの作らせてそっち独占にした方がお金は一切損しないと思うわ 

コメントする