ガンエボ:ランクマッチの”レーティング仕様変更”の詳細発表 / カジュアルのパーティ内レート制限は廃止へ

ガンエボ:ランクマッチの”レーティング仕様変更”の詳細発表 / カジュアルのパーティ内レート制限は廃止へ

無料FPSゲーム『GUNDAM EVOLUTION(ガンダムエボリューション)』ではPC版でシーズン1「Sortie」が進行中。9月28日には、フィードバックの多かったランクマッチの仕様変更を含む、新たな発表がリリースされました。

ランクマッチのレーティングシステム変更の詳細発表

ガンダムシリーズファンだけでなく、FPSプレイヤー層からも注目されている基本プレイ無料タイトル『GUNDAM EVOLUTION』ことガンエボ。正式サービス開始時から多くの話題を集めている一方、否定的な意見も寄せられていたランクマッチのレーティング増減システムについては改善が告知されていました

9月28日には、この改善の具体的な内容が発表され、継続中のシーズン1ランクマッチに関しては以下の形となることが判明しました。

  • シーズン1のプレースメントマッチを停止
  • プレイヤーのレート初期値を3,500(シルバーⅣ)に固定
    • 既に3,500よりも高いレートを持つプレイヤーはそのまま
  • 1マッチあたりの最大レート変化量を増加
    • 例「相手チームと同レートであると仮定した場合に、現在の約1.75倍程度になるよう調整されます」
  • シーズン1のランク報酬を変更
    • 「シーズン1への参加」を象徴するアイテム報酬
    • シーズン1でゴールド以上のランクに到達したプレイヤーへのアイテム報酬(終了時点のランクに基づく)
  • シーズン2でのランクリセットは、シルバー以下はそのままのレート・ランクを引き継ぎ、ゴールドはゴールドⅣ、プラチナ以上はプラチナⅣにランクリセットされる
『ガンエボ』ランクマッチにおけるランクとティア

ランクの昇降が起きやすくなるように調整

現行のランクマッチで特に話題になっていたのは「ランクの上げにくさ」で、公式サイトでも明言されたように「1マッチのレート増減量の平均は約20前後」となっていました。シルバー下位(3,400)からスタートして同レートのチームとのみ対戦するとしても、マスター(6,600)にたどり着くには約160連勝が必要となる計算であるため、ランクマ勢のモチベーション減退要素となり得るシステムでした。

また、実質的なスマーフ行為を誘発してしまう懸念もありました。「プレイヤーの実力を査定する」というランクマッチの目的に沿ったシステムが正常に機能しているなら、各ランクごとのプレイヤー人口のばらつきは対数正規分布を描きます。しかしランク間のプレイヤー移動頻度が少ないと、最大層を形成すると思われるシルバー~ゴールド帯あたりの人口が大くなりすぎた場合に(※そこが最大人口となること自体は問題ない)、本来は上位ランク帯に行くべきプレイヤーが長時間、中位帯のレートに留まってしまう可能性があります。

Valorant+rank+distribution+September+2022+Episode+5+Act+II
Esports Talesより『VALORANT』のランク分布の例。レーティングシステムが正しく機能しているなら、一定のプレイヤー人口のあるゲームはどれもこのような分布図になる。ただしプレースメントマッチがないゲームは最低ランク帯が膨らみがち

新システムでは、同レートの相手であれば「約20前後x1.75倍=約35前後」のレート増減幅になるようですが、これでランクマ勢のプレイ体験がどう変わるかに注目したいところです。

カジュアルマッチのパーティ内レート制限は廃止へ

現在のシステムでは、パーティでカジュアルやランクマッチにマッチングする際に3,000以内のレート制限があり、ユーザーの不満の1つとなっていましたが、これは廃止する方針で対応検討を進めているそうです。

9月28日のメンテ完了後は、以下の点がアップデートされます。

  • メンテナンス内容
    • ランクマッチ / レーティングに関するシステムの改善(上述)
    • ゲーム側で適用されていたマウスの加速機能をOFFに
    • マッチング完了直後に画面が白くなりフリーズする問題への対応
    • チャットにて入力を禁止する単語の最適化

まだ正式サービスが始まったばかりということで、多くのプレイヤーからさまざまなフィードバックが寄せられているガンエボですが、今後もコンテンツの追加以外にどのような改善が図られていくかに期待したいところです。

  • タイトル:GUNDAM EVOLUTION(ガンダムエボリューション)
  • 発売日:2022年9月22日(PC)
  • 対象機種:PS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S
著:太田垣康男, 著:矢立肇, 著:富野由悠季
¥660 (2022/09/28 14:01時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahoo

Gaming Device Power Tune for FPS

ソニー(SONY)
¥9,000 (2022/11/24 02:20時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahoo

Source: Gundam Evolution Official

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ブロンズを全員シルバーに上げたのはマジで誰も得をしてない
    誰が自分の適正帯から無理矢理上げられて「あとは負けながら帳尻合わせろ」って言われてモチベ続くんだよ
    シルバーからしてみても、誰がルールもまともに理解してないブロンズ帯が潜んでるマッチングをしたいと思うんだ?腕じゃなくて完全に運じゃん

    そもそもMVP取ってゴールドメダル4枚取っても負けたら一律でポイント減らされるのも理解出来ない。互いに延長戦までもつれ込んで死力を尽くしたドローでも双方0ポイントだし、ゴールドとシルバーとブロンズが混ざったマッチングはどれだけゴールドの人が頑張ってもシルバーの隠れブロンズの比率で運ゲーを強いられ、負けたら-60とか差っ引かれる。

    それこそ適正ランク帯でとびぬけた成績を発揮したらガンガン上のランクにいかせりゃいいだろうが。何時までだらだら闇鍋やらされんだよ

  2. By 匿名

    内部レートが無いせいで前よりキツくなった気がする
    減少幅が増えたから

    ヴァロとかOWだと内部レートによる適正レートへの矯正力が働くので、上手いと短時間で上のランク行けたりしたけど、このゲームは地道すぎる…

コメントする