『CoD:ウォーゾーン』10/6アップデート:武器4種に弱体化 / さまざまなバグ修正

『CoD:ウォーゾーン』10/6アップデート:武器4種に弱体化 / さまざまなバグ修正

Raven Softwareの『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)』ではシーズン5リローデッドが進行中。現地時間10月6日には最新アップデートをリリースし、パッチノートを公開しました。

武器への変更

アサルトライフル

  • UGM-8 (VG)
    • 最小ダメージを22から21に減少

ライトマシンガン

  • Lienna 57(VG)
    • 胴体上部へのダメージ倍率を1.05から1.0に減少
    • 最小ダメージを27から24に減少

スナイパーライフル

  • Gorenko Anti-Tank Rifle (VG)
    • 砲口初速を980から900に減少

サブマシンガン

  • Armaguerra 43(VG)
    • 最小ダメージを23から21に減少

バグ修正

  • BP50(VG)の完璧主義者迷彩チャレンジが表示されない問題を修正
  • BP50(VG)のゾンビ迷彩タブが表示されない問題を修正
  • ロードアウトがPERK付近の地面の下に落ちる問題を修正
  • ロケットランチャーを発射するとロードアウトが空に打ち出される問題を修正
  • 一部の武器のレアリティが誤っていた問題を修正
Logicool G
¥25,800 (2023/02/09 13:48時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
Rakuten

Source: Raven Software

コメントする