異色コラボ『Destiny 2』×『アサシンクリード ヴァルハラ』が12月7日から開始、アサクリテーマの装飾がゲーム内に登場

異色コラボ『Destiny 2』×『アサシンクリード ヴァルハラ』が12月7日から開始、アサクリテーマの装飾がゲーム内に登場

基本プレイ無料FPSの『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、Ubisoftの『アサシンクリード』シリーズとのコラボレーションが発表されました。

『Destiny 2』と『アサシンクリード ヴァルハラ』が異色のコラボ

2020年11月に発売された『Assassin’s Creed Valhalla』

『Destiny 2』のシーズン19が12月7日から始まりますが、それにあわせて『アサシンクリード』シリーズがテーマの装備や各種コラボアイテムが追加されることになりました。

公開された画像から判断すると、ウォーロックは『アサシンクリード』のアルタイル風、ハンターは『アサシンクリード オデッセイ』、タイタンは『アサシンクリード ヴァルハラ』がテーマの防具用装飾となっているようです。 その他に、『アサシンクリード』シリーズおなじみのエデンの果実がベースになったゴースト、スパロー、船、そしてフィニッシャーが提供されるとのことです。

これらのコラボアイテムは、新シーズンが開幕するとゲーム内の課金アイテムを取り扱うエバーバースストアに並びます。

「アーク 3.0」防具装飾の行方

2022年2月に有料拡張コンテンツ『漆黒の女王』がリリースされると同時に始まった、既存のサブクラスを再構築する「サブクラス 3.0」にあわせて、シーズンごとにサブクラスがテーマの装飾品が追加されていましたが、現在のシーズン18で実装予定だった「アーク 3.0」防具装飾は『フォートナイト』とのコラボ防具装飾が優先されたことにより未実装となっていました。

関連記事: [特報] Destiny 2がEpic Games Storeで配信! ギャラルホルン含む“30周年パック”が期間限定無料やフォートナイトコラボも

そして、来シーズンは『アサシンクリード』とのコラボ装飾が確定したことで「アーク 3.0」防具装飾の行く末が再びわからなくなりましたが、コミュニティマネージャーのDmg04は「続報をお待ち下さい」とツイートしています。

『アサシンクリード ヴァルハラ』もコラボアイテムが実装

先日、最後のコンテンツアップデートが配信された『アサシンクリード ヴァルハラ』ですが、こちらも12月6日(時差の関係上で12月7日の可能性あり)に、『Destiny 2』とのコラボアイテムが配信されます。

コラボアイテムは2種類のパック販売となるようで、一つは『Destiny 2』の人気キャラクターの「シャックス卿」や「セイント14」の防具セットや、ゲーム内でシャックス卿が携えているギャラルホルン風の剣、そしてスカウトとマウントのスキンが同梱されたキャラクターパック。 もう一つが『Destiny 2』の4種のサブクラスがテーマとなったウェポンパック。 こちらは専用のパークとエフェクトが用意されているとのことです。

『Destiny 2』と『アサシンクリード』という異色のサプライズコラボが発表されましたが、実はそれぞれの開発/販売元のBungieとUbisoftは昨年から協力してチートツール販売業者を提訴していました。 もしかするとこの時にコラボが提案されたのかもしれません。

関連記事: BungieとUbisoftが連名でFPSゲームのチートツール販売業者を提訴

Logicool G
¥24,900 (2023/01/26 13:45時点 | Amazon調べ)

Source: Ubisoft, @A_dmg04

コメントする