ゲーマー国勢調査2023 結果発表!

SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~)

SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~)
  • URLをコピーしました!

ゲーミングデバイスを手がけるSteelSeries(スティールシリーズ)から、初のデバイスカテゴリーとなるUSBマイク「Alias」と、XLRマイク+ミキサーセットの「Alias Pro」を発表。本日10月4日より公式サイトAmazon.co.jpなどで予約受付を開始した。

本製品はすでに海外展開しているが、日本における発売日は2023年10月20日で、価格はAliasが32,970円(税込)、上位モデルとなるAlias Proが58,270円(税込)となっている。

CONTENTS

通常モデル「SteelSeries Alias」(一般配信者向け)

SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~) alias tech rgb lighting
状態が分かりやすい上にかっこいい!

SteelSeries Alias」は、プロオーディオレベルの本格的なUSB接続コンデンサーマイクで、SteelSeries初のマイク製品だ。他のマイクよりも3倍大きなマイクカプセルを備えており、広い音域でキャプチャ可能。また、本体正面に搭載されたLEDインジケーターより、入力されたオーディオの⾳量レベルを表示したり、ミュート状態を簡単に確認できる。タッチ式のミュートボタンに触れると赤いバッテンが表示されて分かりやすい!

上位モデル「SteelSeries Alias Pro」(ガチ配信者向け)

上位モデルとなる「SteelSeries Alias Pro」は、接続方法がUSBではなくXLRとなっている。XLRマイクを接続できるストリームミキサーが付属しており、デュアルPC接続に対応。よりプロフェッショナルな音声収録に向いてると言えるだろう。

いずれもSteelSeriesの無料ソフトウェア「Sonar」でLEDの色を変更できる。また、AIノイズキャンセリング機能で周囲の雑音を取り除き、声を精確に伝えることが可能だ。

SteelSeries Alias - USB Pro Grade Streaming Microphone

どの部屋にも合わせやすいシンプルなブラックに、実用性とデザイン性を兼ね揃えたLEDインジケーターは、まさに「いいセンス」と言える。Aliasで最高の配信部屋を作りたい。以下プレスリリースより抜粋。

SteelSeries Alias シリーズの特徴

SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~) alias black amzpp m row 2 1

配信向けのプログレードUSBマイク(Alias)

プロオーディオレベルの本格的なUSB コンデンサーマイクです。前⾯に搭載されたミュートボタンや、ヘッドセットの⾳量調整ダイヤル、また背⾯にはマイクのゲイン調整ダイヤルなどマイク単体で直感的な操作が可能です。

XLR接続マイク+ミキサーのセット(Alias Pro)

放送局レベルでの配信が可能な、XLR 接続のコンデンサーマイクとミキサーです。アナログで収録した⾳声をミキサー内でデジタル変換し2台のPCに⼊出⼒が可能です。

SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~) alias pro black pdp img buy 02 1920x1080 crop fit optimize subsampling 2
SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~) alias shared tech capsule 3x x ray

放送品質の録⾳が可能(Alias、Alias Pro共通)

従来品と⽐較して3 倍の⼤きさのマイクカプセルを搭載。特に⼈の声の録⾳に適した低周波数帯を忠実に再現します。限られた範囲での収⾳に優れた⼤型のマイクカプセルを使⽤することで、部屋の騒⾳を拾わず声のみを収⾳します。

“距離感”が⾒えるような⾳(Alias、Alias Pro共通)

⼀般的な配信⽤マイクはスーパーカーディオイドと呼ばれる単⼀指向性のため、PC の駆動⾳やマウスやキーボードの⾳を拾いやすい構造になっていますが、Alias はカーディオイドと呼ばれる純粋な単⼀指向なので配信者側の⼀⽅向からしか⾳を拾いません。この構造により余計な⾳は拾わず、かつ距離感さえも認識できる⾳の奥⾏を実現します。

SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~) alias shared tech capsule cardioid side
SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~) alias shared life sonar ai noise

独⾃ソフト「Sonar」によりスタジオ品質の配信が可能で、AI ノイズキャンセリングも実現(Alias、Alias Pro共通)

スティールシリーズ独⾃ソフトウェア「Sonar」を使⽤することで、それぞれのメディアの細かな⾳量調整やミキシングが可能です。バッググラウンドで流れる⾳楽の上げ下げや、ゲーム⾳やチャットオンの調整なども簡単に⾏えます。また、スティールシリーズ独⾃のAIノイズキャンセリング機能を使⽤することで、収⾳時のバックグラウンドノイズを消し去ります。

LEDによる⾳量レベルモニタリング(Alias)

本体正⾯に搭載されたLED インジケーターにより、⾳量レベルやミュート時の確認が⾏えます。また、マイク背⾯に搭載されたダイヤルを使⽤することで、LED 表⽰でレベルをモニタリングしながらゲイン調整が可能です。

SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~) alias tech rgb lighting
SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~)

デュアルPC配信をより簡単に(Alias Pro)

ミキサー背⾯に2 つのUSB-C ポートを搭載。2 台のPC を接続し、デュアルPC配信をより簡単に⾏う事を可能にします。

スタジオ品質の配信⽤ミキサー付き(Alias Pro)

マイクの⾳量調整ミュートに加え、右側に設置されたプログラミング可能なダイヤルとミュートボタンは、⾃由に機能を変えることが可能。たとえばバックミュージックや、⾃⾝で確認⽤に使⽤するヘッドセットの⾳量調整を割り振ることが可能です。

SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~) alias pro tech iso front 1x 1
SteelSeries
¥29,981 (2023/10/04 04:08時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
Rakuten
SteelSeries
¥52,980 (2023/10/04 04:08時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
Rakuten

Source: Pressrelease

SteelSeries 初の配信向けマイク「Alias」と「Alias Pro」の2種が本日予約受付開始、発売日は10月20日発売(32,970円~)

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS