オープンワールドFPS『Gray Zone Warfare(グレーゾーン ウォーフェア)』Steamで間もなくアーリーアクセス開始 / プレイ可能コンテンツ公開

オープンワールドFPS『Gray Zone Warfare(グレーゾーン ウォーフェア)』Steamでアーリーアクセス間もなく開催 プレイ可能なコンテンツ公開
  • URLをコピーしました!

新作FPS『Gray Zone Warfare(グレーゾーン ウォーフェア / GZW)』は、チェコのインディーゲームスタジオMADFINGER Gamesが、Unreal Engine 5を採用して開発中のPCゲーム。

現在Steamページからウィッシュリストに追加可能で、アーリーアクセスもスタート予定。このアーリーアクセスでプレイできるコンテンツについて、正式版までの予定も含めて公開された。

CONTENTS

『Gray Zone Warfare』アーリーアクセス間もなくスタート

Gray Zone Warfare 公式ストーリートレーラー&キャラクター紹介(日本語字幕)

自由度の高いオープンワールド型の新作PvPvE『Gray Zone Warfare』。これまでも2024年内にアーリーアクセス開始であることが発表されていたが、いよいよそのときが近づいて来た。MADFINGER Gamesがアーリーアクセスに向けての案内を新たに公開している。

『Gray Zone Warfare』は、閉鎖状態にある島国ラマンが舞台。プレイヤーは3つのPMCグループに所属可能で、ライバルPMC、現地の兵士たち、さらに犯罪者たちも混じえてカオスな勢力争いを繰り広げる。ゲームの概要やシステムについては以下の関連記事を参照。

アーリーアクセスのコンテンツは?

オープンワールドFPS『Gray Zone Warfare(グレーゾーン ウォーフェア)』Steamで間もなくアーリーアクセス開始 / プレイ可能コンテンツ公開
ミッションは、達成した後に生きて帰還することが重要。寄り道するのも自由

アーリーアクセスの目的は、プレイヤーからのフィードバックやデータを集めること。アーリーアクセスの期間は数年を想定しているという。とはいえアーリー中も定期アップデートが行われ、世界の拡張。新武器やギア。新クエストやストーリーなどのコンテンツがリリースされていく。

アーリーアクセス時点でも、以下のゲームのコアとなる要素がすべてプレイ可能。

  • 3つのPMC派閥。各派閥16人までプレイヤーが所属でき、最大48人でのプレイをサポート
  • 42平方キロメートルの規模を持つオープンワールド「ラマン」。実在の土地をベースに、前例のないジャングルエリアも見られる
  • 冷酷な挙動をするAI。プレイヤーの動きに対し、何百もの敵がアクションやエモートで反応する
  • リアルなガンシューティング体験ができる、複雑な弾道シミュレーション
  • 現実のデータをベースにした、リアルな銃器の反動
  • 銃創やダメージ効果も細やかにシミュレートした、革新的な体力システム
  • 6人のユニークなベンダーによるネットワークから、合計150のクエストを提供
  • 8種の武器。400以上のパーツで高度なカスタマイズが可能
  • 戦術的優位性を得るための、80以上の多様なギアを装備可能
  • 魅力的な相互接続型の進行システム
  • 詳細なキャラクタークリエイトと、広範なカスタマイズ要素
  • 最大4人で協力プレイが可能
  • フレンド、ボイスチャット、メッセージなど、プレイヤー間のやりとりを拡張してくれる統合型ソーシャル機能

アーリーアクセス時の価格は?

価格は未定。ただし大抵のアーリーアクセスタイトルと同様、正式リリース時に想定している価格よりも低い値段設定になる。

正式リリース時のコンテンツ

オープンワールドFPS『Gray Zone Warfare(グレーゾーン ウォーフェア)』Steamで間もなくアーリーアクセス開始 / プレイ可能コンテンツ公開
敵だらけの広大なマップを最大4人で探索可能

最終的に、正式リリース時には以下のコンテンツをプレイできるようになる予定。

  • すべてのロケーションを含み、多様なバイオームを特徴とした、完成した1つのマップ
  • エンドゲーム級の敵と、新たなストーリーが見られる危険な「グラウンド・ゼロ」エリア
  • 多彩な挙動をするAI。敵の種類や、状況、時刻、天候によって動き方が変化する
  • 派閥ベースのAI。クエスト、パトロール、物あさり、他者への攻撃に関して個別の意図を持つ
  • 進行システムと多様な評判機能が特徴の、複数の派閥
  • 大人向けで没入感のあるシナリオ
  • メインストーリーとサイドストーリー、両方を含んだ発展型クエストシステム
  • ゲームを変化させる、魅力的なシーズンイベント
  • リソース集約型、サバイバル重視のクラフトシステム
  • 変わり続ける天候によるゲーム体験の変化
  • 迅速な昼夜サイクル
  • プレイヤーのやり込み度ではなく、達成度にもとづくユニークなスキルシステム
  • カスタマイズ可能なプレイヤーの寝床
  • 拡張型の武器カスタマイズ機能
  • 完全なカスタマイズ可能なギア
  • プレイヤー間の複雑なトレードシステム

具体的なスタート日時、価格、そして要求スペックなども公開されていないが、着実に準備が進行している。

『Gray Zone Warfare』はインディーズ界の新たなスターになれるだろうか。興味のあるゲーマーは、以下の関連リンクとともに続報をチェックしておこう。

『Gray Zone Warfare』関連リンク

  • タイトル:Gray Zone Warfare(グレーゾーン ウォーフェア)
  • 対象機種:PC(Steam)
  • 発売日:未発表

Gaming Device Power Tune for FPS

Source: Pressrelease

オープンワールドFPS『Gray Zone Warfare(グレーゾーン ウォーフェア)』Steamでアーリーアクセス間もなく開催 プレイ可能なコンテンツ公開

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメント一覧 (4件)

  • タルコフは合わなかったらあれみたいならいらんな

  • これ要するにやってる事はEFTって事でいいん?
    脱出系的な
    それともRustとか7d2dみたいなオープンワールド系?
    拠点作ってどうみたいな
    多分EFTみたいな脱出系だよな…?

    とりあえずThe Day Beforeみたいにならない事を祈るよ

  • プラベ鯖があるなら買いだけど、ないなら別にいらないな。DayZとかArmaがあるし。
    公開鯖だけならいつもの中華チーターと陰湿な日本人に悩まされる未来が見えてるから、仮に買ったところで長続きする未来が見えてこない

コメントする

CONTENTS