Battlefield 4:全体的な銃ダメージ調整とサプレッションを削減か

Battlefield 4:全体的な銃ダメージ調整とサプレッションを削減か

『BATTLEFIELD 4(バトルフィールド 4)』で稼働中のコミュニティーテスト環境(CTE)にて、ネットコードの大幅な改善に伴った新しい動きが伝えられています。

CTEでは以前お伝えしたサーバーのチックレートの向上によって、ヒット判定が安定し相討ちや隠れた壁の裏で死ぬことが少なくなった事、そして画面揺れの低減、感度の微調整が可能になったことでDICEのデベロッパーは高い評価を得ています。

しかしこの向上したヒット判定により、現在のダメージモデルでは銃撃戦が短くなりすぎてしまっており、一瞬で終わってしまうと不満を抱くプレイヤーもいるようです。

そこでテストは新たな段階に移行し、DICEのデベロッパーとCTEの綿密な協力により『Battlefield 4』における撃ち合いや武器メカニクスを改善する新しい計画を発表しました。

CTEフォーラムのユーザーによると、開発陣は銃のダメージモデルの調整とサプレッション(制圧射撃)の削減をテストするとしています。これならば銃撃戦が短すぎる事はなくなり、多くのユーザーの不満を解消できるかもしれません。開発陣はコミュニティーにしっかりと耳を傾けて変更を行っていく予定があるようです。

DICEは、CTEをより多くのプレイヤーに開放する予定だとしているので、未参加のプレイヤーが参加できるチャンスが増えるようです。

CTEの最新情報を伝える以下の動画をぜひご覧ください。

Battlefield 4 upcoming changes – Suppression nerf and reduced damage models?

Source:MP1st

COMMENTS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あ

    LMGが息してない

  2. By Naoki Matuura

    サプレッション減らされるのか
    またLMGの魅力が減ってしまうような…

  3. By 匿名

    撃ち合いを長くしたいのに制圧効果を減らす意図が分かりません…
    3の時は少しでも銃撃を受けると視界がボケボケになって、お互いなかなか弾が当たらないのが面白かったのに
    現状からさらに減らしたらますます制圧射撃の存在意義がなくなるし、一層屋上キャンプスナイパーゲーになると思うんですが

コメントする