CoD:AWはCoD:ゴーストより売れない? アナリストが予想

CoD:AWはCoD:ゴーストより売れない? アナリストが予想

Sterne AgeeのアナリストArvind Bhatia氏は、『Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』の売上本数は『Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』より300万本ほど少なくなると予想している。

前作より15%ダウン?

CINEMA BLENDは『CoD:AW』の売上本数が、今年の第4四半期で1700万本になると予想。これは『Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』の2000万本から15%程下回る計算だ。

ローンチ時に小売店への出荷が10億ドルに達した『CoD:ゴースト』でも、『CoD:BO2』や『CoD:MW3』のトップセールスには及ばず、PS3とXbox 360でそれぞれ46~50%ダウンしている。配給元のActivisonはそれを競争の激化と次世代機への移行による“買い控え”が原因としていた

また『CoD:ゴースト』はファンにとって賛否両論の作品となり、批判的なレビューが多く寄せられた事実もある。CoDブランドに失望した慎重なファンは最新作にも懐疑的になってしまい、ポジティブな口コミや強力なレビューがないと手を出さないかもしれない。

関連: Steam:『CoD:Ghosts』のマルチプレイヤー数は『CoD:BO2』の半分

ゴーストを上回る可能性

Bhatia氏は、今年も次世代機へのアップグレードを躊躇する顧客の存在が『CoD:AW』の売上に影響する可能性を指摘したが、『CoD:AW』が『CoD:ゴースト』を上回るチャンスがあるともしている。

それはライバル『Battlefield Hardline(バトルフィールド ハードライン)』の発売日が2015年初頭に延期されたことや、競争相手となりそうなタイトルが、発売日の近い(11月11日)Xbox One独占タイトル『Halo: The Master Chief Collection』ぐらいしかない事だ。

これらは直接的ではない消極的な理由だが、売上数を伸ばすにはもちろんゲーム自体が面白いか、楽しめそうかも重要だ。「前作との大きな差がない」と言われ続けてきた『CoD』だが、最新作ではSledgehammer Gamesにより「エグゾスケルトン(外骨格)」を代表とする大きな変化が与えられている。

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア [字幕版]ストーリートレイラー

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア マルチプレイヤートレイラー

読者のみなさんの『CoD:AW』に対する期待値はどうだろうか?『CoD:ゴースト』の発売前よりも高いだろうか?ぜひコメントやTwitterで教えて欲しい。

『CoD:AW』日本語字幕版の発売日は2014年11月13日、日本語吹き替え版は2014年を予定している。

タイトル コールオブデューティ アドバンスド・ウォーフェア [記事一覧]
発売日 [字幕]2014/11/13, [吹替]2014/12/4
DLC
開発/販売 Sledgehammer Games / Activision
Amazon PS4, PS3, Xbox 360, Xbox One, PC, Steam
公式 SQUARE ENIX

Source: MP1st, CINEMA BLEND