なぜ『CoD:BO3』はPS3とXbox 360に対応したのか? TAが回答

なぜ『CoD:BO3』はPS3とXbox 360に対応したのか? TAが回答

人気タイトルや新規IPが次々と旧世代機への対応を見送る中、なぜ『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』は対応を行ったのか。Treyarchがその理由をGaming Boltのインタビューで語っている。

旧世代対応の理由

Treyarchのブランド開発ディレクターであるジェイ・パーイヤー氏は、旧世代機への対応に関して「何か特別な理由があるのか」と聞かれ、以下のように返答している。

理由があるかって?!我々には素晴らしいファンがいる。CoDの体験はコミュニティーとファンが全てであり、『CoD:BO3』のプレイを望む全員がプレイできることを確実にしたいんだ。

一方でジェイ氏は、開発そのものは現世代機へ集中していることを再度強調し、システムやハードウェアをも突き詰めていると回答。TreyarchはPS4、Xbox One、PC版のみの開発を担当しており、Xbox 360とPS3版はBeenoxとMercenary Technologyが担当している。

単なるキャンペーンには留まらず、現世代機で4人協力プレイが可能になる製品を届けるため、3年ものあいだチームは魂を込め続けてきた。ハードウェアとシステムに関しても攻め続けてきたんだ。

我々が行っているマルチプレイでのイノベーションに加え、戦闘の流れや成長システム、スペシャリストキャラクターなどを追加していくと、大量のコンテンツがディスクに込められることになる。更にそこへゾンビモードを追加すると、3つのゲームを1つにしたようなものになる。コンテンツと体験においては、これまでで最高のものになっているはずだ。

旧世代機のフォローによって現行機版に制限が産まれる事はないだろうが、旧世代機には新世代機より劣る部分が出てくることは既に明言されている。

『CoD:BO3』の発売日はPS4, Xbox One, PCが2015年11月6日で、PS3とXbox 360は現時点では未定。