ノルウェーの公立高校で「ビデオゲーム(e-Sports)の授業」が選択可能に

ノルウェーの公立高校で「ビデオゲーム(e-Sports)の授業」が選択可能に

授業中先生にバレたら即没収というスリルの元、携帯ゲーム機を机の中に忍び込ませ、友達と通信対戦に勤しんでいた方もいるのではないのでしょうか。

「学校」と「ゲーム」は水と油のような存在ですが、ノルウェーの公立高校で「ビデオゲーム」の授業が選択可能になるそうです。

ハイエンドPCでゲーム授業

Garnes Vidaregåande Skole,
ノルウェーのベルゲンにある公立高校Garnes Vidaregåande Skole(GVS)は、e-Sportsを取り入れた授業を8月から展開することを発表しました。サッカーやバスケットボールといった従来のスポーツの授業と同じ扱いがなされ、30人ほどの生徒が登録でき、3年にわたり週5時間の「e-Sports授業」を受けます。

生徒たちは、ゲーミングチェアが配備されたゲームプレイ専用の教室で、Nvidia GeForce GTX 980TiのGPUが搭載されたハイエンドPCでゲームをプレイすることができます。更には生徒全員へ専用のマウス、ヘッドセット、キーボードも用意。まさにいたれりつくせりのゲーム環境が与えられます。

成績も

dota2
もちろん何も考えずにゲームだけやっていれば良いというわけではなく、ゲームをするための反射神経、筋力、耐久力を養うために90分間の運動もしなくてはいけないようです。授業なので当然成績も付けられ、ゲームの知識、スキル、協調性などが評価されます。

授業では2種類のゲームを取り扱う予定ですが、まだどのゲームを授業に取り入れるかは未定とのこと。候補としては『Dota 2』、『League of Legends』、『Counter-Strike: Global Offensive』、 『Starcraft』が挙げられています。

海外で人気のドラマ「ビデオゲーム・ハイスクール」を地で行くこの学校。みなさんも通いたい?

Source: arstechnica

RECOMMEND