BF1:「史実に忠実な武器のカスタマイズ」でも心配無用?WW1当時の豊富なアタッチメント

BF1:「史実に忠実な武器のカスタマイズ」でも心配無用?WW1当時の豊富なアタッチメント

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』では、「BF4のようなカスタマイズ性」と「史実に忠実なアタッチメント」の両方が実現されるとされています。「レイルシステムの無かった当時の銃でBF4と同等のカスタマイズ性を実現させることが本当に出来るのか」と多くの人が思うことでしょう。そんな不安を取り払うために、海外掲示板に現れた一人の兵士がグーグル検索を使って10分で調べてくれました。

『Battlefield 4』でのカスタマイズはオプティクス、アクセサリー、バレル、アンダーバレル、迷彩の5つとなっています。これと同等のカスタマイズ性が再現できるのか、ドイツの主力ボルトアクション銃「Gewehr 98」を使って見ていきます。尚、本記事の内容はあくまで考察であり、実際のカテゴリ・効果とは異なっている可能性があります。
Mauser_m98

オプティクス

当時はドットサイト(RDS)や暗視装置(IR)のような、高度な光学照準はありませんでした。しかし、標準のアイアンサイト以外にも蓄光仕様の夜戦用アイアンサイトや、狙撃兵用のスコープ数種など、いくつかのバリーションがあったとされています。

標準アイアンサイト
標準アイアンサイト
蓄光フロントサイト
蓄光フロントサイト
2.5倍スコープ
2.5倍スコープ
スナイパー用スコープ
スナイパー用スコープ

アクセサリー

レイルシステムによって取り外し可能なレーザーサイトやフラッシュライト等のアタッチメントは無いものの、銃剣突撃が出来る強力な近接武器として登場が確定している「銃剣」や、安定性を向上させそうな「スリング」、装弾数が5発から20発に飛躍する「拡張マガジン」などがありました。

バヨネット
バヨネット
スリング
スリング
20発マガジン
20発マガジン

バレル

マズルブレーキやコンペンセイターのような反動を制御するマズルアタッチメントはなく、ヘビーバレルのような強装弾を使用するためのバレルもなし。と、こちらは少し寂しくなっています。しかし、銃身を切り詰めて取り回しを改善したカービンモデルなどが、移動撃ちや腰だめの精度を改善する「ショートバレル」として登場する可能性がないとは言い切れません。

また、サプレッサーとまでは行きませんが「サイレンサー」も確認されています。

カービンモデル
カービンモデル
マキシムサイレンサー
サイレンサー

アンダーバレル

やはりフォアグリップやアンダーグレネードランチャーなどはなく、そもそもアンダーバレルにつけるアタッチメントが殆どないため、カテゴリ名は変更、若しくは削除の可能性もあります。一応、グレネードランチャー枠としてはバレルに装着する「ライフルグレネード」がありました。

また、『BF4』でも“コッキングモーションが変わらないストレートプルボルト”や“レイルシステムがない銃に付くフォアグリップ”など割りと適当なものもあったので、『BF1』でも「改良ボルト」や「手製グリップもどき」などが登場するかもしれません。

ライフルグレネード
ライフルグレネード
レイルシステムのない銃にグリップが付く様子
レイルシステムのない銃にグリップが付く様子

迷彩

WW1の戦場ではタクティカルアドバンテージに優れたデジタル迷彩はありません。しかし、ストックの先からバレルまで木によって覆われた古き良き銃は、その素材を変えるだけで色合いや模様、感触、果ては木の香りまで違ったものを楽しめるに違いありません。

ブナ
ブナ
クルミ
クルミ

おまけ

43475a861
maxresdefault
『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』の発売日は2016年10月21日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: reddit