『オーバーウォッチ』の勢い止まらず、プレイヤー数2000万人突破

『オーバーウォッチ』の勢い止まらず、プレイヤー数2000万人突破

ハロウィンイベントの開催が公式発表され初の協力モードも実装された『Overwatch(オーバーウォッチ)』ですが、プレイヤー数が2,000万人を越えたことを発表。新規IPとしては目まぐるしい成長を遂げていることが判明しました。

6月のローンチ初週にはプレイヤー数が700万人を突破したことが報じられ、その後すぐに1,000万人を突破。8月には1500万人の突破が発表されるなど、急速に成長している本作。その成長スピードは衰えることなく今年のホリデーシーズンを迎えることとなりそうです。

プレイヤー数が5,000万人を超える『ハースストーン』も保有しているブリザードですが、『オーバーウォッチ』もヒットタイトルの1つとして胸を張って言える存在となったと言えるでしょう。

Source: Polygon