CoD:WWII:SHG、全プラットフォームでの専用サーバーの完全復旧を報告

CoD:WWII:SHG、全プラットフォームでの専用サーバーの完全復旧を報告

一時専用サーバーを停止していたCall of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、Sledgehammer Gamesはすべてのプラットフォームで専用サーバーが完全に復旧したことを報告しました。

専用サーバー完全復旧

『CoD:WII』に最適化されたサーバーにより、ホスト移行はもちろんマッチ終了後に接続が切れる問題なども解消すると予想されます。もし現在も接続に問題がある場合は、NATタイプの改善や無線接続でのプレイが問題を引き起こしている可能性もあるとしています。自宅回線のNATタイプは「設定」→「本体情報」から確認できます。

CODWWII NATタイプストリクト
ストリクトはよろしくない

ようやく通常運営へ?

ローンチ移行長らく続いたサーバー関連のトラブルは、これで「一応」の解決となる見込み。迷彩やチャレンジに関する問題もチラホラと散見されるため、今後はバグの修正とゲームのバランス調整への注力に期待しましょう。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。