CoD:WWII:アップデートされた“体力回復速度”や“足音の聞こえる範囲大幅減少”などの詳細

CoD:WWII:アップデートされた“体力回復速度”や“足音の聞こえる範囲大幅減少”などの詳細

最新アップデートにて多数の改善が適用された『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、メインとなる「体力の回復速度上昇」、「味方から受けるシェルショックの削除」、「足音の低下」の変更についての検証動画です。

体力の回復速度上昇

How much did Health Regeneration Change? (CoD WW2 Health Regen Buff)

TheXclusiveAce氏が検証動画を公開しら映像によると、アップデート前はダメージを最後に受けてから5秒経過すると体力の回復が始まりました。その際の回復速度は0.033秒で1HP。ダメージ30のSTG44を3発受けた場合、完全回復するまでの時間は5+90*0.033=8秒となります。

アップデート後もダメージを最後に受けてから5秒経過しないと回復しないというのは変わりませんが、その際の速度が0.02秒/HPとかなり早くなっています。この速度は『コール オブ デューティ』シリーズのほとんどのタイトルと同等の速度。ダメージ30のSTG44を3発受けた場合、5+90*0.02=6.8秒でアップデート前より1.2秒も速く全快する計算。これまで以上にプレイ速度が上昇することになりそうです。

味方から受けるシェルショックの削除

CoD WW2 Ally Shellshock Nerf (Before & After Comparison)

今作では爆弾のシェルショックが採用されています。これはプレイヤーの近くで爆発が起こると一定時間ミニマップなどの一部HUDが消え、旋回速度・移動速度が低下し、音もキーンと聞こえにくくなるというもの。アップデート前は「味方の爆弾」でもシェルショックが起こり、非常にフラストレーションが溜まる仕様だとして反対意見が多くありました。(詳細:CoD:WWII: 今後の重要な検討項目を公開、体力自動回復・ストリーク・ショットガンなどに調整か

アップデート後は味方から受けるシェルショックが完全に削除され、味方に粘着グレネードを貼り付けてもまったく影響が出なくなりました。爆発で画面が揺れ煙こそ出るものの、これからは味方に気を遣うことなくじゃんじゃん投げることができます

足音の低下

Huge Footstep Sound Nerf in CoD WW2! | Was it too Much?

アップデート後の検証によると足音を聞き取れる距離に大きな変更が見られたとのこと。以下はアップデート前と後で足音を聞き取れる距離を図にしたものですが、約50%まで短くなっています。

Huge Footstep Sound Nerf in CoD WW2 Was it too Much
アップデート前(赤:通常、青:基礎トレーニング「インコンスピキュアス」使用時)
Huge Footstep Sound Nerf in CoD WW2 Was it too Much
アップデート後(赤:通常、青:基礎トレーニング「インコンスピキュアス」使用時)

なお足音自体の音量は通常時、「インコンスピキュアス」使用時、そしてプレイヤー自身の足音いずれも大きく変更されていないとのこと。ただし通常時の音量はパッチ前より僅かに足音が小さく、「インコンスピキュアス」使用時は僅かに大きくなった気もします。TheXclusiveAce氏は僅かな音量の調整があったか、「インコンスピキュアス」の効果の弱体化が行われた可能性があると指摘していますが、単なる気のせいなのかもしれないとも。検証シーンは動画で確認できるので、聴き比べてみてください。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

RECOMMEND