転生ゾンビホラーFPS『DEAD DOZEN』: アップデート内容公開、壁破壊など多数の改善と修正

転生ゾンビホラーFPS『DEAD DOZEN』: アップデート内容公開、壁破壊など多数の改善と修正

先日アルファテストのローンチが延期となってしまった、FntasticスタジオによるPC向け新作ホラーアクションFPS『DEAD DOZEN(デッドダズン)』ですが、開発スタッフの宣言どおり開発進捗がアップデートされ、壁破壊システムのGIFが公開されました。

直近でアップデートした要素

転生ゾンビホラーFPS『DEAD DOZEN』:開発状況をアップデート、壁破壊システムの改善を強調

  • 再接続を修正
  • 射撃時のパーティクルを改善
  • 3Dサウンドを修正
  • グール視点に感染した生存者をハイライトするように
  • 地形を改善し、ディテールを追加
  • ゲームのパフォーマンスが30%増加
  • 血飛沫を追加
  • 壁破壊システムを改善
  • 武器の拡散を改善
  • 一定のロケーションで当たり判定が消失する問題を修正
  • 全てのゲーム設定が正しく機能するようになった
  • プレイヤーがときどき不死身になる問題を修正
  • カメラシェイク機能を開発、しかしゲームにはまだ未実装
  • ゲーム内チャットを実装
  • 物体とプレイヤーの当たり判定を修正

予定どおり開発が進めば、現地時間の2月9日にアルファテストが実施される予定です。続報が入り次第またお伝えします。

関連記事

Source: deaddozen.com