ゲーム規制:ホワイトハウスが「暴力的なゲーム」の映像集公開、CoDやFalloutも

ゲーム規制:ホワイトハウスが「暴力的なゲーム」の映像集公開、CoDやFalloutも

前回:トランプ大統領「銃乱射事件の一因は“暴力的なゲーム”」 ゲーム規制に言及

アメリカのドナルド・トランプ大統領がビデオゲーム業界の有識者と非公開で会合を行いました。この会合で流された“暴力的なビデオゲームの映像集”が公開されました(現在はYouTubeの限定公開)。

暴力的ゲームの映像集

ホワイトハウスのYouTubeチャンネルで公開されたこの映像には、『Call of Duty: Modern Warfare2』(しかも「No Russian」のステージ)、『Wolfenstein』、『Dead by Daylight』、『SNIPER ELITE』、『Fallout 4』の部位切断などの残虐シーン映像が含まれています。

Violence in Video Games

The Washington Post(ワシントン・ポスト)によると、トランプ大統領はこの会合の冒頭でこの映像を参加者に見せ、「ほら、暴力的でしょ?」と繰り返したそうですが、ゲームにどのような背景があるのかという情報は一切排除され、特に有名な暴力的なシーンだけが集められています。

ホワイトハウスが「暴力的なゲーム」の映像集を公開、ゲーム業界からは冷静な対応を求める声

ビデオゲームの暴力性に関するこの会合は、2月14日に起きたフロリダの高校での銃乱射事件を受けて開かれました。出席者は共和党議員3名のほか外部からは、テイクツー・インタラクティブのストラウス・ゼルニック氏、メディアリサーチセンターのブレント・ボーゼル氏 、ゼニマックスの会長ロバート・アルトマンなどが名を連ねています。

追記:動画の低評価数が歴史的な数値になっています。

2018年3月10日の数値

冷静な対応を求めるゲーム業界

会合に参加したエンターテインメントソフトウェア協会(ESA)は、「我々はビデオゲームと暴力には何の繋がりもないと証明する科学的な研究や、ビデオゲームにおける表現の自由が憲法で保障されていること、ゲーム業界のレーティングシステムの有意性について語りました」と声明を発表。

フロリダの銃乱射事件後、トランプ大統領は「ビデオゲームも、“暴力性の高いゲームが若者の考え方を形成している”とますます多くの人が漏らしているのを耳にする」と発言し、ビデオゲームと暴力の繋がりに関する議論を再燃させました。「さらに言えば、映画も非常に暴力的だ。子供は、セックス描写さえなければ殺人描写のある映画を観ることができてしまう。レーティングシステムを作るべきかもしれない」とコメントしています。

以下の関連記事もぜひご覧ください。

関連記事

Source: The Washington Post