コラム

Tagged
[噂]GTA6:グランドセフトオート6が2023年10月にリリース? 自称詳細リークが4chanに公開
以下は真偽不明のリーク情報です。妄想して楽しむ程度にご覧ください。 2013年に発売されて以来多くのゲーマーにプレイされ、オンラインはいまだに活況を呈している大作−−そう、『Battlefield(バトルフィールド)』−−ではなく、『Grand Theft Auto (グランド・セフト・オート、以下GTA)』シリーズの...
電撃復活したイラク戦争FPS『Six Days in Fallujah』、「米軍の戦争犯罪を隠蔽」と批判集まる
イラク戦争のうち、最も凄惨な市街戦であり、多くの民間人犠牲者を出したことで、今なお正当性が問われている「ファルージャの戦闘」。 そもそもどうしてそこに攻め込んだのか、数十万もの何の罪もない人々の暮らしを壊してまで戦う必要があったのか。人道や政治上の議論が絶えないホットスポットに、「政治的なメッセージを一切排除した上で、...
CoD:MW:公式eスポーツリーグ「Call of Duty League」開幕、フランチャイズ制度・スケジュール・出場全12チームを解説
日本時間1月25日からミネアポリスで開幕した『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』の公式eスポーツリーグ「Call of Duty League(CDL)」。しかしどのチームを応援すればいいか悩んでいるという人も多いのではないでし...
owl goats
毎試合10万人前後が視聴する『Overwatch(オーバーウォッチ)』の公式大会「オーバーウォッチリーグ」。プレイインではロンドン・スピットファイアとソウル・ダイナスティが勝利し、いよいよ日本時間9月6日よりプレイオフトーナメントが始まります。しかし観ようと思ってもゲーム用語が分からずあまり楽しめていない人も多いのでは...
コラム:女性限定イベント『レインボーシックス シージ GIRLS’ FESTIVAL 』行ってみた
『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』女性だけのコミュニティ向けイベント『レインボーシックス シージ GIRLS’ FESTIVAL 』が開催されました。普段はなかなか出会うことのない女性プレイヤーが集結するということで、どんな回になるんだろうという好奇心と、絶対楽しいだろうなという期待を...
「暴力的ゲーム税」を検討中、米ペンシルバニア「暴力的ゲーム税」を検討中、米ペンシルバニア
ペンシルベニア州の議員らが暴力的なビデオゲームに対して、追加で10%の税金を課す法案を提出。このいわゆる「Sin tax(悪行税/害悪税)」で集められた資金は、学校での乱射事件などが多発している現状に対しての安全対策を行うファンドに充てられるとのことです。
女性ゲーマー向けコラム:Six Major PARISで特に注目したいイケメン選手
いよいよ日本時間8月13日16時から開催されている『Rainbow 6 siege(レインボーシックスシージ)』、世界大会「Six Majors PARIS」に出場しているプレイヤーの中から、特に「やばい!カッコイイ!」と思わずにはいられない方々を紹介したいと思います。 腕前はもちろんお顔とキャラクターだけに注目した女...
女性ゲーマーの33%が男性からの嫌がらせや差別を経験
リサーチ会社「Bryter」の調査により、多くの女性がゲームをする際に男性からのいじめを恐れて、オンラインプレイや属性を明かすことを避けていることが分かりました。調査によると、ビデオゲームを定期的に行う女性の3分の1が、男性のゲーマーからの嫌がらせや差別を経験しているようです。
ゲーム規制:ホワイトハウスが「暴力的なゲーム」の映像集公開、CoDやFalloutも
前回:トランプ大統領「銃乱射事件の一因は“暴力的なゲーム”」 ゲーム規制に言及 アメリカのドナルド・トランプ大統領がビデオゲーム業界の有識者と非公開で会合を行いました。この会合で流された“暴力的なビデオゲームの映像集”が公開されました(現在はYouTubeの限定公開)。
無料シューター『フォートナイト バトルロイヤル』とは?:日本語版配信も決定した超人気タイトルまとめ
3月8日から日本語版が配信されることが電撃発表された『フォートナイト バトルロイヤル (Fortnite Battle Royale) 』。明日からはじめてフォートナイトに触れるという読者の方も多いと思い、これまでのフォートナイトの歴史についてまとめました。
米軍も注目:ゲーマーは視覚情報判断が高速で、「世界を違うように見ている」と判明
世界保健機関(WHO)が「ゲーム依存症」を正式な病気として登録を予定していることをお伝えしましたが、これに対しアメリカ合衆国のゲーム業界団体Entertainment Software Association(ESA)が著名なメンタルヘルス専門家とともに反対声明を表明し、登録プロセスの中止を強く要請しています。