Destiny 2:生まれ変わったエキゾチック武器3種のプレイ動画公開、拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」のパワー上限は380に

Destiny 2:生まれ変わったエキゾチック武器3種のプレイ動画公開、拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」のパワー上限は380に

5月8日に拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」のリリースが控えている『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、本日は「ウォーマインド」のリリースと同時に性能が変わるエキゾチック武器「グラビトン・ランス」、「スカイバーナーの誓い」、「ラットキング」のプレイ動画が公開。 あわせて、「ウォーマインド」からパワー上げの仕様が変わることが告知されました。

エキゾチック武器が強化

Destiny 2: 生まれ変わったエキゾチック武器3種のプレイ動画が公開、拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」のパワー上限は380に
拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」のリリースに合わせ、一部を除いたエキゾチック武器に調整が入りますが、本日は強化される武器の中から「グラビトン・ランス」、「スカイバーナーの誓い」、「ラットキング」のプレイ動画が公開されました。

グラビトン・ランス

  • バースト弾の反動が軽減され3点バーストから2点バーストへ
  • 照準補佐を追加
  • 倒された敵が上に向かって後ろの方に浮遊する
  • 爆発の範囲が上昇しダメージ増加、残っている敵を追尾するボイド属性の弾が発生する
Graviton Lance Preview

スカイバーナーの誓い

  • デフォルトで炸裂弾を追加
  • ADS時の性能に変更はなし。フルオート、低レート、高威力でヒットスキャン型(トリガーを押してから命中するまでのラグがない)
  • 腰撃ち時は高レートで低速度の追尾弾を実装
  • 追尾炸裂弾はレティクル中央に集弾しやすく精密向きではない。そのため精密ダメージ倍率をさげるかわりにボディダメージを上昇(DPSは以前より上昇)
  • グレネードランチャーのようでありながら、ボタン一つで精密武器にも変身する2面性を持ったエキゾチック武器へと変貌
Skyburner’s Oath Preview

ラットキング

  • フルオート武器に変更 (もともとのDPSのポテンシャルは高かったが手動で最速レートを出すのは困難だったため)
  • ラットパックの制限を緩和: 味方がキネティック武器として装備していれば構えていてもいなくても発動する
  • ラットパックの性能を上昇: ステータスボーナスの上昇幅が向上し、味方が1人や2人でも実感しやすくなった
  • 透明時間が7秒に延長
  • ラットキング用マスターワークは見逃せないものに (詳細は不明)
Rat King Preview

パワー上げの仕様が変更

Bungieは『Destiny 2』ローンチ時はだれでも簡単にパワーの上限に到達できるようにしました。その結果、パワー上限到達のために必須なアクティビティがなくなり、達成感が薄れてしまったことを反省し、パワー上限に到達するまでの難易度が向上しました。

最大パワー380への道のり

  • 拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」でパワー上限は380まで上昇、パワー上昇速度が低下するソフトキャップは340(+5強化パーツ分は除外)
  • 全ての週間アクティビティをプレイしているプレイヤーでも380に到達するには数週間かかるように設計
  • 週間グループアクティビティに参加しないプレイヤーは次のコンテンツリリースまでに380におそらく到達しない
  • 様々なコンテンツに手を出すプレイヤーはレイド/ナインの試練だけをプレイするプレイヤーより早く380に到達する
  • パワー370から380までの進行はとくに遅くなり、最後の10の差を埋めるのにかかる時間は、パワー340から370に到達するまでの時間とほぼ同等
  • 380への到達が難しくなった分、上限に到達した時の達成感が上昇

クランエングラムの価値が低下

  • レイド/ナインの試練報酬のパワー上昇幅は最大
  • クランエングラムのパワー上昇幅が縮小。ソフトキャップの340到達後のパワー上昇幅は平均して0~2に。そのかわりソフトキャップ到達前の上昇幅平均は15
  • 上記2つのコンテンツ以外の週間アクティビティ報酬の上昇幅は中間に位置

新キャラクター育成によるパワー上げに規制

『Destiny 2』のパワー上げでは新キャラクターを育成することで、特定のクエスト報酬を得て、一気にパワーをあげる抜け道がありました。 しかし、今後はこの方法が使えなくなります。

  • 各クエスト報酬にパワー上限のソフトキャップを設定
  • 上限はそのクエストが追加されたコンテンツによる。例: 『Destiny 2』ローンチ時にあったクエスト報酬は260、「オシリスの呪い」で追加されたクエストは300、「ウォーマインド」は340
  • プレイヤーのパワーが報酬のソフトキャップに到達する前なら、報酬取得時のプレイヤーの最大パワーに+15パワーの報酬が入手できる

エキゾチックでパワーが上昇しなくなる

  • 340のソフトキャップ到達後に、週間アクティビティ以外から入手するエキゾチックは、レジェンダリーエングラムから出るレジェンダリーと同等のパワーになる

「パワー上げが簡単すぎる」というフィードバックの反映により、上限到達が難しくなるかわりに到達時の達成感を大きくする仕組みに変更されました。 様々なパワー上げを規制することにより、もっとも効率の良いパワー上げは困難なチャレンジや週間アクティビティをプレイすることになります。 370から380へのパワー上げはとくに困難なものになりますが、370まで上げてしまえば「どのコンテンツでも力不足と感じることはなくなる」とのことなので、まずは380ではなく、370までパワーをあげることを意識すると良いかもしれません。

我々がゲームを楽しみ続けるための大きな要素の一つに「成長」があります。 今回の仕様変更では達成感を大きくする代わりに、成長を実感しづらくなった雰囲気もあります。はたしてこのさじ加減をうまく調整できたかどうか、そこが大きな焦点ともなりそうです。

『Destiny 2』の発売日はPlayStation 4/Xbox One版が2017年9月6日、PC版は2017年10月24日。拡張コンテンツ第1弾「オシリスの呪い」は12月6日に配信。拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」は5月8日にリリース。

Source: Bungie