Destiny 2:有名配信者Holtzmann氏と、元『オーバーウォッチ』のメディアマネージャーGriffin Bennett氏がBungieに参加

Destiny 2:有名配信者Holtzmann氏と、元『オーバーウォッチ』のメディアマネージャーGriffin Bennett氏がBungieに参加

5月8日から配信される拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」が控えている『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、今週からDestinyコミュニティの有名プレイヤー「Holtzman」氏が開発に参加。 さらに、Blizzardの『オーバーウォッチ』のソーシャルコミュニティマネージャーだったGriffin Bennett氏がBungieに本日移籍したと報告されました。

Destiny 2 開発体制強化へ

Planet Destiny、独立、そしてBungieへ入社した1プレイヤー

Bungieは前作『Destiny』と今作『Destiny 2』への深い造詣と知識があるプレイヤーを「ゲームプレイスペシャリスト」という役職で公募していました。 そして応募者の中からYouTuberでありTwitchパートナーでもあるHoltzmann氏が採用されたことを、当人が報告しています。

HoltzmannことPatrick Casey氏は、前作『Destiny』の初期から中期にかけて海外情報サイト「Planet Destiny」でホストを勤めゲームのアクティビティやプレイを解説。 その後はTwitch配信者 / YouTuber / ポッドキャスターとして独立し、ゲーム業界に携わるチャンスをもとめて居住地をBungieに近いシアトルに移したという豪快な経歴の持ち主です。 Planet Destiny在籍の頃からコミュニティに厚い信頼とサポートを寄せられていたHoltzmann氏は、2017年5月18日の「Destiny 2お披露目イベント」にも招待されました。

そんなHoltzmann氏が今後3ヶ月に渡りBungieに在籍し、『Destiny 2』をより良いモノにするための仕事に携わります。 まさに夢への第一歩でしょう。

「今日はBungieでの初日でした。 ゲームプレイスペシャリストとしてこれから3ヶ月勤めます。 私から連絡がなければ、つまり私は自分の任務に集中しているということです。 何年にも渡り私の動画、配信、ポッドキャストを視聴してくれた皆さん、ありがとうございます。 あなたのおかげでここまで来ることができました。 絶対に忘れません。 ✌️」

元BlizzardソーシャルメディアマネージャーがBungieへ移籍

これまでBlizzardでソーシャルメディアマネージャーとして『オーバーウォッチ』の成功に携わっていたGriffin Bennett氏は、3月末にBlizzardを退社。 氏は本業のかたわらにボランティアでRedditのフィードバックを開発陣に伝えるという熱意ある人物でした。 そんなBennett氏の選んだ新天地が、ActivisionつながりのBungieとなりました。

「Bungieに新しいソーシャルメディアマネージャーとして参加できることに興奮しています! Bellevue(Bungieの所在地)で育った少年として、故郷のスタジオに参加できることは光栄です。 ガーディアン、ミームが向かってきますよ」

Bennett氏の参加を祝福するBungieのコミュニティマネージャーDeeJ氏が、コミュニティマネージャーチームとBennett氏の役割の違いを解説しています。

「我々の新たなチームメイト、Griffin Bennettを紹介しよう。 ゲームプレイに関する質問は@Cozmo23と@A_dmg04に取っておいてくれ。新入りはゲームがどこに向かっているかあなた達にお見せする素晴らしいコンテンツを作るのを助けてくれる。 それと明らかにミームもだ」

態勢を強固にしたBungieの狙いは

長年に渡りコミュニティを支えてきた有名プレイヤー、さらにBlizzardから敏腕な逸材の引き抜きに成功したBungieですが、これらの補強は今年後半に控えている大型拡張コンテンツに向けたものと見られます。

この大型DLCについての続報は6月に開催されるE3 2018でお披露目されるかもしれません。 その時を楽しみに待ちつつ、5月8日から配信される拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」に備えましょう。

『Destiny 2』は絶賛発売中で、対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。 拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」は5月8日に配信開始(プレイ開始は5月9日)

Source:Twitter ( 1, 2, 3 )