Destiny 2: 日本時間7月18日にレイド・ゾーンの威光が解禁され最大パワーが400に上昇、現在所有している装備やシェーダーは削除しても9月に再入手可能

Destiny 2: 日本時間7月18日にレイド・ゾーンの威光が解禁され最大パワーが400に上昇、現在所有している装備やシェーダーは削除しても9月に再入手可能

9月5日に2年目拡張コンテンツ「孤独と影」がリリースされる『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、7月の予定表が公開され、北米時間7月31日から始まる「夏季の宴」でパワーの最大値が400に上昇と発表されました。

今月18日に配信されるパッチ1.2.3ではクルーシブルの変更やレイド・ゾーンの威光の開放、エキゾチック防具の強化第2弾が含まれます。 また、9月から実装されるコレクションブックの内容が判明し、現在インベントリにあるほとんどのアイテムを今削除しても9月にコレクションブックから回収できる模様です。

7月の予定表

  • 7月4日〜10日
    • ファクションラリー 勝者宣言の週
    • カオス
    • Bungieの日 (毎年7月7日がBungieの日とされています)
  • 7月11日〜17日
    • アイアンバナー
    • Guardian Con (フロリダで開催されるファンイベント。 あのNinjaも出席)
  • 7月18日〜24日
    • アップデート1.2.3配信
    • シーズン3最後のファクションラリー
    • 闘魂
  • 7月25日〜31日
    • ファクションラリー 勝者宣言の週
    • ダブル
  • 8月1日
    • 夏季イベント「夏の宴」開催。 パワー400の防具が手に入る

Destiny 2: 日本時間7月18日にレイド・ゾーンの威光が解禁され最大パワーが400に上昇、現在所有している装備やシェーダーは削除しても9月に再入手可能

クルーシブルの内容が変更

クイックプレイ

  • 6v6に変更されプレイリストの詳細欄がアップデート
  • 闘魂をプレイリストから削除
  • コントロール
    • 勝利スコアを150に変更
    • 開始時のエリアはすべて中立
  • クラッシュ
    • 勝利スコアを100に変更

対戦プレイ

  • カウントダウンの爆弾起爆までの時間を40秒から35秒に低下

全般

  • ランブルが常設のプレイリストに
  • 闘魂は週間プレイリストに移設され、6vs6になり勝利スコアは150に

クルーシブルのランク

  • 以下のプレイリストでも武勇ランクが上昇するように
    • 対戦プレイ
    • クルーシブル研究室
    • アイアンバナー
    • ナインの試練
  • 途中参加してもランクが低下しなくなった
    • 負けた場合: 武勇ランクにペナルティ無し
    • 勝利した場合: 武勇ランクのストリークが上昇
  • マッチングが栄光ランクをベースに
    • 自分の武勇ランクに近い相手がマッチング
    • 上に行けば行くほど相手が強くなる
  • 栄光ランクの敗北ストリークを緩和
    • 敗北を重ねると失われる栄光ランクのポイントが低下していく
    • ストリークは最大5段階のまま
  • ランクストリークが最大値に到達すればリセットされなくなった

威光レイド・ゾーン

世界を食らう船、星々のスパイアの威光モードが、日本時間7月18日のパッチ1.2.3配信と同時に解禁されます。ただしコミュニティから両方同時解禁は避けるべきという声を受け、コミュニティマネージャーがレイドチームと次週に相談するとツイートしています。

威光レイド・ゾーンで手に入るものは以下の通り。

  • パワー400のレイド武器: 威光レイド・ゾーンの各エリアの報酬からパワー400のレイド武器を入手。 レイド・ゾーンでもすべてのレイド武器がドロップ対象。 「孤独と影」のリリース前に400の武器が手に入るのは威光レイド・ゾーンのみ
  • レイド防具の装飾: 両方の威光レイド・ゾーンには専用の防具装飾があり
  • エキゾチックの媒体: 両方の威光レイド・ゾーンからレアドロップ

威光レイド・ゾーンでは一度きりの挑戦ではなく、毎週あたらしい挑戦を提供するために使用できる武器種のロードアウトが指定され毎週切り替わります。指定されるロードアウトは両方の威光レイド・ゾーンで共有となります。

  • 武器種のロードアウトが固定: オートライフル/サブマシンガン/スナイパーライフルやスカウトライフル/ハンドキャノン/ロケットランチャーなど。
    • 武器種が同じなら威光レイド・ゾーン内での武器の変更は可能。 例: オートライフルが指定されているときにスロス・レジームとゴースト・プライムスを変更
  • 3種のアクティビティ戦闘条件が用意され毎週ローテーション。 1つはプリズム。他2つは威光レイド・ゾーン用にレイドチームが1から作った完全新規。 それぞれの戦闘条件は有効活用するとガーディアンに大きなアドバンテージをもたらす

  • 毎週威光レイド・ゾーンで違った戦闘をしてもらうのが目的なので、初週の威光レイド・ゾーンは従来の戦略とエキゾチック防具を活用した戦い方とマッチするが、翌週からはこれまでとは違った立ち回りを求められるようになる (特にルナファクションのブーツ)

  • 威光レイド「リヴァイアサン」に変更は?

    • 威光レイドに変更はなし。戦闘条件はすべて威光レイド・ゾーンの為に作られたもの。ただしパッチ1.2.3配信後にカルスがエキゾチックショットガン「アクリウスの伝説」を強化する新しい方法があるかも
  • 威光レイド・ゾーンでの戦闘に変更は?
    • 戦闘に変更はなし。 戦闘内容を変更するより戦闘条件を追加するほうが戦闘のバラエティを生むと判断したのと、レイド・ゾーンのギミックの複雑さはとても高いため
  • 週にプレイできる威光モードのレイドの数は?
    • 威光レイドと威光レイド・ゾーンはすべてプレイ可能。エキゾチックの媒体と400のレイド武器を入手できる確率を最大まであげるには毎週3クラスで通うべき
  • 威光レイド・ゾーン解禁日は?
    • 現在はパッチ1.2.3が配信される日本時間7月18日を予定

夏季イベント「夏の宴」

北米時間7月31日から開始。 このイベントが唯一のパワー400の防具入手方法。イベントの詳細は後日発表となります。

コレクションとコスト

9月5日に配信される「孤独と影」に合わせて、ゲーム内のコレクションがいつでもアクセスできるようになり、これまで手に入れた装備やアイテムの購入が可能になります。 これの詳細について解説しています。

  • コレクションから入手できる1年目のアイテムの種類: 1年目で手に入る武器、防具、ゴースト、船、スパロー、エンブレム、シェーダー。 消耗品は対象外。 拡張コンテンツ第2弾「ウォーマインド」がリリースされた5月9日以降に所有しているものは今削除しても9月にコレクションから入手可能。 それ以前に削除したアイテムは再入手の必要あり。

  • コレクションから入手できる2年目アイテムの仕様: 2年目装備にはパークのランダム化が含まれており、難しい判断をしなければいけなくなった(コレクションから購入できる数の制限やパークの固定化など)。 その結果、コレクションから2年目のランダムパークのレジェンダリー武器と防具は購入不可とした。 ただし、長期の解決策としてアイテム入手時に付与されていたパークのままコレクションに登録を検討中。

  • コレクションから買い直すのにかかるコスト: 現在作業中で後日に詳細を発表予定。購入に必要な通貨はそのアイテムを解体したときに入手できる通貨と一致する。 例: 分解したシェーダーからグリマーが手に入ればそのシェーダーはグリマーで購入できる。 ブライトダストが手に入ればブライトダストで購入できる。

余談ですが、筆者がE3でプレイした招待者向けデモで流れたトレイラーではレジェンダリーの武器の購入にレジェンダリーのかけら20個とグリマーが必要でした。

関連記事: Destiny 2:「孤独と影」キャンペーン第1話“プリズン・ブレイク”をプレイ、硝煙香る鉄の牢獄でケイド6とのブロマンスデート [E3 2018], Destiny 2:敵チームの世界に“侵入” PvEとPvPが融合した「ギャンビット」先行プレイ、開発者にじっくりインタビュー

  • シェーダー適用時のコストが廃止

  • コレクションから再入手した装備のパワーはその時のパワーに近くなるが、エンドコンテンツで使用するには融合が必要なレベル

「孤独と影」ではパワーが600まで上昇しますが、少しでも早くスタートダッシュをしたい人は、威光レイド・ゾーンに毎週通ってパワー400の武器を量産しておいた方がよさそうです。 そして5月9日以降に入手したアイテムの殆どはコレクションから再入手可能と判明したので、9月を待たずにインベントリの断捨離ができるというのは朗報です。これにより「夏の宴」で手に入るであろう新装備用の枠も用意できそうです。

『Destiny 2』は絶賛発売中で、2年目大型コンテンツ「孤独と影」は日本時間9月5日にリリース。対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Bungie