Destiny 2: ケイド6を死に追いやる8体の“バロン”とは? 公式設定公開

Destiny 2: ケイド6を死に追いやる8体の“バロン”とは? 公式設定公開

9月5日にリリースされる2年目拡張コンテンツ「孤独と影」にて、大人気キャラクターのケイド6が死を迎えてしまうという衝撃情報が明かされた『Destiny 2(デスティニー 2)』。1ヶ月にわたり特集記事を組んでいるGame Informerが新たな情報を公開し、キャンペーンの悪役の8体のバロンの公式設定が判明しました。

バロンとは何者か

バロンはもともとはハウス・オブ・エグザイルの下級ドレッグの集団でしたが、ハウスがのし上がっていく際に追放された者たち。自分たち以外に頼れる者がいなくなった彼らは、フォールンの施設を襲撃。エーテルを強奪することで自らを強化させて、生き延びて繁栄することになります。リーフと宿られし軍との戦いの後には、アウォークンの基地の略奪、支配をはじめリーフの災いとなり、かつてのアウォークンたちの故郷を無法地帯に変えてしまいます。

そして今作の本編の「カバル大戦」の後に、リーフの臨時摂政のペトラとケイド6、そしてケイドが信頼を置くガーディアンたちがバロンの討伐を開始。多くのバロンを討伐し、古参の8体のうち7体をエルダース・プリズンの最深部に投獄することに成功します。

なお“バロン”とはフォールンの階級の一種で、今回の拡張コンテンツで相手をするバロンたちの他にも、フォールンの各ハウスにバロンが存在しています。バロンはアルコンプリーストより格は低く、キャプテンよりは高い役職。前作でもバロンを冠する黄色ネームのフォールン達が登場しました。

バロンの種類

*カッコ内の日本語名は意訳

  • Fanatic (狂信者)
    • バロンとそれに従うスコーンたちの長であり、ユルドレンの次に地位が高い。
    • はるか昔に滅亡したハウスではアルコンプリーストだったが、フォールンの機械信仰に異を唱えてバロンと共に追放される。 追放後もプリーストとしてバロンたちに機械信仰へのアンチと従来のフォールンは死滅すべきと洗脳する。
Destiny 2: ケイド6を死に追いやる8体のバロンの公式設定が公開
バロンの長のFanatic。他のバロンはドレッグだがFanaticだけアルコンという格の違い
  • The Machinist (機械工)
    • Fanaticの信者でバロンでは2番目の地位。
    • 弾薬や武器制作のエキスパートで、襲撃しては可動する武器を簒奪する。
    • 女性。
  • The Mindbender (催眠術師)
    • ハイブが占領する月のヘルマウスに追放され、ハイブと暗黒の魔術に魅入られた天才。
    • 長年の研究により、オリックスや上位のハイブと同じく専用の亜空間を持ちハイブを操る術を身につける。
    • ユルドレンの配下ドロイドのクロウを洗脳し、誤情報を流させることでリーフと地球間を緊迫した仲に追い込もうと目論む。
  • The Trickster (詐欺師)
    • 口達者でバロンの外交役を担う。もっとも外交が行われることはほぼない。
    • 裏で暗躍することを好み、透明クロークを愛用するバロンの尖兵。
    • 女性。
  • The Hangman (絞首刑執行人)
    • 寡黙なサディスト。
    • 特にサービターを嫌悪しており、サービターからエーテル生成器を素手で引きちぎる事を好む。奪ったエーテルは仲間のバロンに分け与える。
    • サービターへの拷問に対する執着はフォールンの歴史でも初。
    • なんと前作に登場したハウス・オブ・ウルブスのサービターを根絶させ、ハウス・オブ・ウルブスを滅亡させた。
Destiny 2: ケイド6を死に追いやる8体のバロンの公式設定が公開
機械信仰のフォールンにとって特に大きな意味を持つサービターを虐待する歪んだサディスト
  • The Mad Bomber (狂った爆弾魔)
    • 爆発に魅了された狂気のバロン。
    • 狂っているので本人含め誰も出自を知らない。
    • ケイド6曰く「いいか。俺たちは吹っ飛ばすのが好きだが、限度がある。あいつはそれをとうの昔に越えている」
  • The Rifleman (狙撃者)
    • 仲間のバロンの背中を守るスナイパー。 獲物との距離を保ち汚い手を使う。腕もあり、冷静で我慢強く、狙いは外さない。
    • 多くの賞金稼ぎを返り討ちにしてきただけでなく、ガーディアンのゴーストも狙撃して殺している。
    • ケイド6のゴーストにトドメを刺す。
Destiny 2: ケイド6を死に追いやる8体のバロンの公式設定が公開
雑誌のGame Informer 2018年8月号にケイドのゴーストを撃つという記述あり。 ある意味ケイド6を殺したバロン
  • The Rider (ライダー)
    • 無政府主義者の女性パイクライダーで、彼女に忠実なパイク集団を従える。
    • 優秀なメカニックで、ヘビーパイクを燃え盛るパイクに改造している。
    • 8つのアウォークンの基地を破壊。489名の犠牲者を出している。

以上が「孤独と影」でケイド6の死に関与するキャンペーンの悪役8人の公式設定です。バロンとはそれぞれバロンハントという専用のミッションで戦うことになり、8体のうち6体はどの順番でも挑めるようになっています。 その後残りの2体と対峙し、最終的にユルドレンとの戦いになります。

ソース元のGame Informerでは各バロンの画像の他に、それぞれとの戦闘中のGif画像も用意されていますので、興味がある方はこちらからご参照ください。

Destiny 2 | 独占インタビュー、ケイド6をなぜ殺したのか – EAA

『Destiny 2』は絶賛発売中で、2年目大型コンテンツ「孤独と影」は日本時間9月5日にリリース。対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Game Informer