レインボーシックス シージ:パッチ2.2配信、8人のオペレーター調整やドローン展開・監視ツールオプション追加など

レインボーシックス シージ:パッチ2.2配信、8人のオペレーター調整やドローン展開・監視ツールオプション追加など

ユービーアイソフトは『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のパッチ2.2アップデートを公開しました。PC版へはすでに配信されており、コンソール版へは日本時間7月24日午後10時より配信されます。

今回のアップデートはIQやFinkaなど8人のオペレーターの調整や、ドローン展開・監視ツールへのオプション追加などが行われています。

ゲームプレイの変更

ドローン展開のアドバンスオプション

ドローン展開時にすぐにカメラがドローン視点に移されないようにするオプションが追加。

  • 標準:ドローン展開時にカメラがすぐにドローン視点に切り替わる
  • アドバンス:ドローン展開後にプレイヤーが手動でドローン視点に切り替える必要がある

監視ツールサイクル

監視ツールのグループをローテーションするか、最初と最後のデフェンダーのカメラをサイクルするかを好みで設定可能に。

新たな監視ツールシステムの実装後、プレイヤーが監視ツールシステムのサイクルがどのように機能するかについて2つの異なる期待を抱いていることが分かりました。なかには同じグループ内で「次のツール」のキーバインドが欲しいと思っている一方で、他のプレイヤーは次のグループへサイクルすることを求めています。

キーバインドのリセット(PC)

監視ツールにアクセスするキーバインドはオペレーター操作セクションにあり、監視ツールから抜け出すキーバインドは監視ツール操作セクションにあります。

新しい監視ツールシステムの導入により、キーバインドのセクションを全般、オペレーター操作、監視ツール操作の3つのグループに分けました。以前は監視ツールがオペレーター操作と監視ツール操作間で分割されていなかったため、キーバインドが期待通りの動作をしないという結果になっていました。

バランス調整

今回の変更の理由などについてはデザイナーズノートで語られています。

FINKA(フィンカ)

  • アドレナリンサージの持続時間を20秒から10秒へ減少 
  • スタングレネードをフラググレネードへ置き換え
  • Smokeのガスキャニスターのダメージ調整量を減少
  • アドレナリンサージ中のADS速度効果を50%から25%へ減少

IQ

  • フラググレネードをクレイモアへ置き換え
  • 電子機器の探知範囲を20Mから15Mへ縮小

BLACKBEARD(ブラックビアード)

  • MK17のダメージを42から49へ増加
  • SR-25のダメージを72から61へ減少
  • ライフルシールドの耐久ダメージを60から50へ減少
  • ライフルシールド装備中の移動速度ペナルティを30%減少(速く動けるように)

GLAZ(グラズ)

  • OTS-03のダメージを85から71へ減少

TWITCH(トゥイッチ)

  • FAMASのダメージを40から37へ減少

JACKAL(ジャッカル)

  • 足跡スキャン可能範囲を5Mから8Mへ増加

FROST(フロスト)

  • SMGのダメージを43から45へ増加
  • Super 90のダメージを32から35へ増加

DOKKAEBI(トッケビ)

  • クレイモアをスタングレネードへ置き換え

有刺鉄線

  • 移動速度減少効果を45%から50%へ増加

バグ修正

ゲームプレイ

  • 特定の手順を踏めば、頭を晒すことなく敵を覗くことができたのを修正
  • ラペリングのアニメーション中にディフューザーを落とすと、壁にスタックすることがあったのを修正
  • シールドオペレーターがリロード中に、ADS中の感度が適応されていたのを修正
  • マエストロがハックされてタレットを使用している場合、ハッカーの監視ツールに操作者が表示されなかったのを修正

オペレーター

ALIBI

  • プリズマはマガジンの上に投げたときに展開できなかったのを修正
  • プリズマは特定のカーペットの上に展開できなかったのを修正
  • Alibiのプリズマガジェットをホログラムを通して撃つと、プレーヤーが検出されていたのを修正

CAPITAO

  • Capitaoのクロスボウを使用中に、矢が横に浮いたままになることがあったのを修正

DOC

  • テロハントで、Docのレジェンダリースキンの注射器が2つ少なかったのを修正

DOKKAEBI

  • 特定の手順を踏めば、BOSG 12を3発分リロードすることができたのを修正
  • アタッカーがハッキングされたカメラを使用している場合、デフェンダーがカメラでアタッカーを識別することができなかったの修正

MAESTRO

  • マエストロが操作しているときにイービルアイが破壊された場合、射撃することができなくなるのを修正
  • Maestroのイービルアイを高台から拾い上げようとした後に機能しなくなるのを修正

TACHANKA

  • 特定の手順を踏めば、Tachankaのスピードが大幅に増加していたのを修正
  • Tachankaが準備フェーズで建物を出ることができたのを修正

VALKYRIE

  • Valkyrieがすべてのブラックアイカメラを投げたとき、彼女はガジェットボタンで接続することができなかったのを修正

レベルデザイン

国境

  • ドローンが外の屋根から2Fオフィスに侵入できたのを修正

クラブハウス

  • ユーティリティルームの電気パネルに衝突検出が存在しなかったのを修正
  • プレイヤーが1Fプールルームのフロアの下に侵入できたのを修正
  • ドローンが1Fのステージから壁に入れたのを修正

海岸線

  • プレイヤーが外の屋根を乗り越えて紫色のタープに侵入することができたのを修正
  • オペレーターの足は2Fペントハウスの壁を貫通することあったのを修正

高層ビル

  • プレイヤーが外のピースフルツリーでマップ外に落ちることがあったのを修正
  • アタッカーがディフューザーを到達不能な場所に落とせたのを修正

ヴィラ

  • プレーヤーが1Fキッチンで壁を貫通することがあったのを修正
  • ドローンがドーム底部の壁の内側に侵入できたのを修正
  • ガジェット、発射物、ドローンが2Fクラシカルホールの木製の支持梁と衝突することがなかったのを修正
  • 1Fダイニングルームのボックスの上にディフューザーを設置すると、ディフェンダーが地面から解除するのを妨害できたのを修正
  • 「1Fアートスタジオ」で天井にドローンが侵入できたのを修正
  • プレイヤーがBワインセラーでバレルの2隅にスタックするのを修正
  • ドローンが1Fパントリー階段に侵入できたのを修正

ユーザーエクスペリエンス

  • 無効化されたイービルアイから別のカメラに切り替えると、EMPの無効化サウンドが永遠と再生されるのを修正
  • 1GBメモリーのビデオカードが最小要件を満たしていなかったのを修正

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft