Destiny 2:世界観をまとめた公式グリモア集第1巻「DESTINY GRIMOIRE ANTHOLOGY VOLUME I」の予約開始、日本語版リリースの可能性も

Destiny 2:世界観をまとめた公式グリモア集第1巻「DESTINY GRIMOIRE ANTHOLOGY VOLUME I」の予約開始、日本語版リリースの可能性も

来週8月1日から夏季イベント「夏の宴」が始まる『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、前作から根強いファンを持つ世界観を記すグリモアをまとめたハードカバー集がリリースされます。

グリモアとは

前作では「グリモア」、今作では「伝承」という名前で、ゲームの世界観や設定をプレイヤーに伝えています。その情報量は膨大で、ただ漠然とゲームをプレイしているだけでは緻密に構成された世界観を知る由もありません。

しかし、自ら一歩を踏み出したプレイヤーはその世界観には魅了され、様々な議論や推測が行われる専門掲示板や、グリモアを美しいデザインで読ませるウェブサイトも構築されるほど、根強い人気を誇るコンテンツとなっています。

公式グリモア集が出版

本日、Bungieが公式ストアにてこのグリモアをまとめた全128ページのハードカバー集第一巻「DESTINY GRIMOIRE ANTHOLOGY VOLUME I」の予約販売を発表。発売時期は2018年秋で、価格は$24.99(約2,800円+送料)。 予約ページはこちら

第一巻のタイトルは「Dark Mirror」。 挿絵から察するに、前作に登場した邪神「オリックス」の歴史を記す憂愁の書など、暗黒の勢力について語られたグリモアをまとめた内容になるようです。 

この本には限定エンブレム「Codex Doctrinae」が封入されています。

Destiny 2:独特の深い世界観をまとめた公式グリモア集の予約が開始、日本語版リリースの可能性もありか
「DESTINY GRIMOIRE ANTHOLOGY VOLUME I」には挿絵があり。 この挿絵はオリックスがまだアウリックスだった頃、自らの神アッカを殺しオリックスと名乗るキッカケとなった瞬間

日本語版リリースの可能性ありか

予約販売が開始されたばかりの「DESTINY GRIMOIRE ANTHOLOGY VOLUME I」は現在は英語版のみリリース予定となっています。 ですが、予約ページには「この本は多言語で出版予定です」と記載されており、日本語版でのリリースも期待されます。

現在Activisionにこの件について問い合わせており、続報が入りましたら改めてお伝えします。

『Destiny 2』は絶賛発売中で、2年目大型コンテンツ「孤独と影」は日本時間9月5日にリリース。対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Bungie, Bungie Store