『CoD:WWII』プロ対抗戦:グランドファイナル準優勝“DetonatioN Gaming”インタビュー「慢心があった」「新元号からは勝つ」

『CoD:WWII』プロ対抗戦:グランドファイナル準優勝“DetonatioN Gaming”インタビュー「慢心があった」「新元号からは勝つ」

Libalent Vertexの劇的勝利で終わった『CoD:WWII』の国内プロゲーミングチーム6組が激突する「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」グランドファイナル。準優勝となったDetonatioN Gamingへインタビューを行いました。

準優勝チーム:DetonatioN Gaming

左からxAxSy、Galiard、Alice、GenGar
左からxAxSy、Galiard、Alice、GenGar選手。最後には笑顔もこぼれたがずっと硬い表情だった。

― グランドファイナルを終えての感想をお願いします。

xAxSy選手:本当に悔しいですね。悔しいの一言しか無いです。

Galiard選手:自分たちの反省点を見つけることができて、次に生かしていきたいなと思いました。

Alice選手:自分はメンバー同士で話し合ったんですけど、悔しいじゃ表現できないくらい悔しいです。またもう一回やらせてほしいって気持ちがあるんですが、そういうわけにもいかないので。今回決勝戦で負けたのは、あのステージに立てたのはいい経験だったので、その場面で負けてしまったことをメンバー同士で反省して、次回絶対勝てるように。

GenGar選手:僕も悔しいの一言です。第5回までのプロ対抗戦ではポイントはずっと首位で走り続けてきて、その分ある程度の自信もつけて臨んだ今回のグランドファイナルで負けてしまったので、本当に悔しいです。

― 今回の試合の中で一番焦点となったポイントは?

Alice選手:今回対戦相手が1ヶ月前から決まっていたということもあって、その対戦相手を意識した練習をしてきました。(グランドファイナルで)やってみた結果その動きがあまりうまく噛み合わず負けてしまったので、自分たちの理想の形を相手に押し付けられるように練習していこうかなと思いました。

― 次の大会でトップを取るためには何が必要だと思いますか?

xAxSy選手:油断しないことですかね。油断することや、緊張していつもの動きができなくなることが、このメンバーみんなそうなってしまうので。直そうと思って直せる部分ではないんですよね。これは経験していかないといけないので、そういう意味ではこの敗北が絶対に次に生かせるので。悔しいですけど、活かせたらなと思います。

― 1マップ目のハードポイントで立ち上がりが少し不安定だったんですけど、そういった時のチーム内のコミュニケーションはどうしていましたか?

Alice選手:立ち上がりが不安定だった理由の1つが、相手のことを意識しすぎて、相手の動きに合わせた動きで対応しようと思ったのが、普段の自分たちのハードポイントを崩れさせてしまった。さっきも言ったように、自分たちのハードポイントをしっかり作り上げていきたいと思います。

― 2戦目を終えた時点で、これまでの練習してきた対策がおそらく通じないと感じたんでしょうけど、作戦変更はありましたか?

Alice選手:前日にメンバーとで話し合いをして、初動を決めていたんですが、それが大胆でもって勢いに乗れる作戦だった。僕がリーダーとして、流れも悪かったんでその作戦でリセットさせたかったんですけど止められてしまいました。勢いに任せる作戦を選んでしまったのは間違いだったかなって思います。

― これまでの戦い方と今回の戦い方で戦略の違いは?

Alice選手:いつもは自分たちが普段練習してきたようにやっているんですけど、今回はちょっと慢心があったのかなと。相手に対策をしっかり取ったからうまく決まると思い込みすぎちゃったかなと。

― リーグ半年間を振り返ってみてどう思いますか?

Alice選手:リーグ戦では10試合ありましたが、そのうち2試合ともにRush Gamingに負けてしまいました。敗北は気持ちが良くないものです。グランドファイナルに臨む際に負けたらどうしよう、負けたくないという感覚だったんですけど、次回またこういう機会があったら、リーグでもトーナメントでも1回も負けないように頑張っていきたいなって思います。

― 次の機会に向けての意気込みをお願いします。

xAxSy選手:次回作は5v5になるのが決まったので、今までのことが通用しない、5人になった分穴がなくなるので、そういう意味では楽しみですね。

Galiard選手:5人になった分連携や戦術ともに練っていかないといけないので、今までの経験を生かして頑張っていきたいと思います。

GenGar選手:次回作では5v5になって新鮮さがあると思うので、『CoD』eスポーツの基本の動きをまずは見直して、1から戦術・動きを5人で考えていくところは楽しみです。

― 『CoD:BO4』ではおそらく新しい元号での試合も行われると思うので、その意味でもリベンジ宣言をお願いします。

GenGar選手:難しいですね(笑)。

Alice選手:5v5になって新しいメンバーが入ると思うんですけど、今のメンバーとしっかり自分の特徴を伝えあっていきたい。平成とは相性が悪かった(笑)。けど、来年度、新しい元号からは勝ち抜きます

― 5人目は既に決まっていますか?

Alice選手:候補はあるんですけど、厳密には決まってないです。

― ありがとうございました!

リーグ戦は1位で終え、第5回対抗戦でもLibalentに勝利していましたが、公開試合のRush戦では1-3で敗北していました。xAxSy選手の言う油断や緊張が原因なのかは分かりませんが、ステージではチームキルが2回ほどあり“らしくない”プレイが散見されました。ぜひとも次回では120%の実力を出し切った、最高のプレイを見せていただきたいところです。

関連記事『CoD:WWII』プロ対抗戦:グランドファイナル優勝“Libalent Vertex”インタビュー「練習は台所」「賞金はゲーム環境に」

『CoD:WWII』は絶賛発売中で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。