BFV:発売前アップデートの内容を公開、武器やビークル関連にも大きな変更

BFV:発売前アップデートの内容を公開、武器やビークル関連にも大きな変更

先行プレイが解禁、正式な発売日が迫る『Battlefield V(バトルフィールド 5)』ですが、発売前に適用されるアップデートのパッチノートが公開されました。ここでは特に重要な変更内容をご覧ください。

BFV 武器調整

  • 武器バランスへの変更: アサルトライフルの近距離ダメージの引き下げなど
  • 弾薬量の制限への変更: LMG、MMG、ショットガンでは弾を最大まで持って出撃
  • 武器の専門技能への変更: 専門技能ツリーでの選択肢の増加

特に弾薬は関しては賛同する方も多いのではないでしょうか。これまでは出撃時やリスポーン時にまずは弾薬を補充するという無駄手間(必須ではない)が発生していたので、これからはスムーズに戦場へ飛び込むことができます。

BFV ビークル調整

  • ビークル性能の変更: 速度や操縦性、弾薬、耐久力、機動性などすべての調整など
  • ビークル専門技能の変更: 砲塔の回転を改善できる砲塔回転速度の専門技能を導入

BFV マップとモードの改善

  • 消耗戦要素の変更: 複数の補給施設を固めず、必ず離して置くように変更。基本的には各モードの目標の近く
  • 視認性の変更: キャラクターにダイナミックなリムライトを追加し、一部環境でより目立つように変更
  • グランド・オペレーションの変更: すべての作戦日で結果を伝える音声ナレーションを追加
  • フロントラインの変更: 防衛側が爆弾の出現したエリアにキャンプしないようにタイマーを追加
  • コンクエストの変更: ゲームの折り返しポイントで状況を伝える音声を追加

各種音声の追加は嬉しい限りではないでしょうか。

消耗戦システムのバランス調整

  • 消耗戦による銃弾とライフの欠乏がやや緩和され、プレイヤーの出撃時に医療袋が1個渡される
  • 同様に一部の武器でマガジンの最大容量が増加
  • 全補給施設を確認し、それぞれの建てられる場所と正常に建てられることを確認

消耗戦は意欲的なゲームモードですが、制限が少し緩和されることでよりアクティブなガンプレイが可能となりそうです。

その他

  • 弾の貫通について完全な再検証が行われ、すべての弾が、ゲーム中のさまざまな素材に対して設定どおりの挙動を示すか確認。また、マップ固定のビークルに破壊要素を追加。これでマップに存在するトラックや一般車両を、爆発させたり押し潰したりできるようになった。
  • 地面のクレーターのサイズは兵士の体勢を考慮して調整。
  • 炎によるダメージとサウンド/ビジュアル効果も調整や、ドアにハッチを追加、嵐が十分な長さ続くように天候システムの変更など、その他にも数多くの点が調整

ダイナミックなゲームの世界へさらなる磨きをかけるアップデートとなっています。

発売前アップデートの完全なパッチノートはこちらで確認できます(英語)。

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

Source: Battlefield