BFV:勝利のためのおすすめ設定は? DustelBox氏が解説

BFV:勝利のためのおすすめ設定は? DustelBox氏が解説

11月20日に全機種で発売された『Battlefield V(バトルフィールド 5)』のゲーム内設定を、DetonatioN Gaming所属のDustelBox氏が公開、オプション1つ1つの項目を、設定している理由とともに詳しく解説しています。極めてパフォーマンス重視の設定になっており、戦績に直接影響すること間違いありません。

BF5 おすすめ設定

解説されている設定の一部は以下の通りで、特に重要な項目は太字で掲載しています。特にフレームレートが伸び悩んでいるプレイヤーはこれらの設定を見直すことで改善されるかもしれません。動画内では、更に詳しい解説やホットキー、その設定にした理由や根拠などがたっぷり14分に渡って紹介されているのでぜひご覧ください。

Battlefield V – ガチ勢向けのオススメ ゲーム設定 | BF5

ビデオ

基本設定

  • フルスクリーンモード: フルスクリーン
  • フルスクリーン解像度: 1920×1080 119.88Hz
  • 明るさ: 60%
  • 視野角(FOV): 79
  • ビークル3人称視点視野角(FOV): 55
  • ADS被写界深度: オフ

フルスクリーンモードは遅延対策のため必須級。また、特に240Hzモニターを使用している方は環境によってフレームレートが低下するバグ?)が起きている模様です。後述のフレームレート制限の項目とともに見直してみましょう。

詳細設定

パフォーマンス設定

  • DX12有効: オフ
  • フレームレート制限: 144
  • 先行フレームレンダリング: オフ
  • 垂直同期: オフ
  • GPUメモリ制限: オン

DX12有効は環境によって効果が大きく変化します。デフォルトではオフになっているため、オンに設定して試してみましょう。また同氏は動画内にて、オンにすることで遅延が発生する可能性も指摘しています。フレームレート制限は基本的には使用しているモニターに準拠、240Hzモニターを使用している方には144Hzを推奨しています。先行フレームレンダリングは、オンに設定するとフレームレートが大きく上昇する場合がありますが、入力の遅延が大きくなります。お使いの環境と相談して設定しましょう。

品質設定

  • テクスチャのクオリティー: 中
  • テクスチャのフィルタリング: 中
  • ライティングのクオリティー: 低
  • エフェクトのクオリティー: 低
  • ポストプロセスのクオリティー: 中
  • メッシュのクオリティー: 低
  • 地形のクオリティー: 低
  • 草のクオリティー: 低
  • アンチエイリアス・ポストプロセス: TAA低
  • アンビエントオクルージョン: オフ

オーディオ

オーディオ

  • サウンドプリセット: 3Dヘッドホン

ゲームプレイ

高度な設定

  • 兵士の自動傾き: オフ
  • 兵士の自動覗き込み: オン

操作方法

兵士

  • 兵士のエイム感度(マウス): 8%
  • 兵士のエイム感度(ズーム時): 100%
  • 兵士のダッシュ: ホールド
  • 武器で狙う(兵士): 切り替え

マウスのDPIは800とのことです。これらの項目は一部なので、さらなる設定項目やその詳細は以下をご覧ください。

Battlefield V – ガチ勢向けのオススメ ゲーム設定 | BF5

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC