Destiny 2: ブラックアーマリーで最大パワーは650に、新レイド「Scourge of the Past」の開幕時刻と推奨パワーが640と発表

Destiny 2: ブラックアーマリーで最大パワーは650に、新レイド「Scourge of the Past」の開幕時刻と推奨パワーが640と発表

シーズン5が始まり来週からは新コンテンツ「ブラックアーマリー」が配信される『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、「ブラックアーマリー」でプレイヤーが到達できる最大パワーや新レイドの開幕時刻と推奨パワーが発表されました。

最大パワーは650へ

これまでの最大パワーは600が限界でしたが、来週に配信される「ブラックアーマリー」では650まで最大値が引き上げられます。 これに伴いBungieがパワーの上げ方についてコメントを残しています。

  • 「孤独と影」所有者の最大パワーが650まで増加。年間パスは不要
  • パワーが上がりづらくなる「ソフトキャップ」は500のまま
  • パワーが550未満のプレイヤーはプライムエングラムのドロップ率が上昇し、プライムエングラムで引き上げられるパワーの上がり幅も高くなる
  • 「孤独と影」所有者はこれまでと同様の方法で「強力な装備」を受け取れる
  • 年間パス所有者には「強力な装備」を受け取る新しいソースが追加される

新レイド「Scourge of the Past」

新レイド「Scourge of the Past(直訳すると「過去の天罰」)」の開幕時刻と推奨パワーは以下の通り。

  • 日本時間12月8日土曜日午前2時に開幕
  • 推奨パワーは640
  • アクセス条件のパワーは設定されておらず、年間パスを持っているプレイヤーなら誰でもアクセス可能

なお、以前にブラックアーマリーを含む2019年夏までの予定表が公開されたとき、ブラックアーマリーのレイドはレイド・ゾーンになると発表されていましたが、本日Bungieが「Scourge of the Past」はレイド・ゾーンではなくレイドであると正式にコメントを出しました。

レイド・ゾーンは既存のレイドの設定を拡張させるアクティビティを呼称するものであり、「Scourge of the Past」は夢見る都市やこれまでのレイドとは違う舞台が用意されたものであるためレイド・ゾーンと呼ぶにはそぐわないとのこと。

そんな「Scourge of the Past」はプレイヤー達の拠点であるシティの廃棄された場所が舞台となります。 以下はプレスキットに含まれていたレイドのちら見せ画像になります。

Destiny 2: ブラックアーマリーで最大パワーは650に、新レイド「Scourge of the Past」の開幕時刻と推奨パワーが640と発表

Destiny 2: ブラックアーマリーで最大パワーは650に、新レイド「Scourge of the Past」の開幕時刻と推奨パワーが640と発表

10月17日までに「孤独と影」をプレイしたプレイヤーへのギフト

以前、10月17日までに「孤独と影」をプレイしたプレイヤーには「狩りの熟練者バンドル」が贈呈されると発表がありましたが、12月19日に配信されるアップデート2.1.3で配信予定とのことです。

狩りの熟練者バンドルに含まれるシェーダー「黒き虎縞模様」とエンブレム「熟練者の名札」は10月17日以前に「孤独と影」をプレイしたプレイヤー限定のアイテムとなります。 エキゾチック感情表現は将来的にエバーバースから入手可能の予定です。

Destiny 2: ブラックアーマリーで最大パワーは650に、新レイド「Scourge of the Past」の開幕時刻と推奨パワーが640と発表

Destiny 2 孤独と影 新コンテンツ公開の予定 ViDoc [JP]

『Destiny 2』は絶賛発売中で、2年目大型コンテンツ「孤独と影」は日本時間9月5日にリリース。対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Bungie, Press kit