BFV:タイド・オブ・ウォー「チャプター1: 序曲」にてDXR性能が最大50%向上

BFV:タイド・オブ・ウォー「チャプター1: 序曲」にてDXR性能が最大50%向上

NVIDIAとDICEは本日配信されるBattlefield V(バトルフィールド 5)』のタイド・オブ・ウォー「チャプター1: 序曲」アップデートで、『BFV』のDXR レイ トレーシング性能を大幅に向上させると発表しました。このアップグレードを楽しむには新しいGame Readyドライバーが必要になります。

DXR レイ トレーシング パフォーマンスが大幅に向上

11月14日の最初のDXRリリース以降、NVIDIAはEAおよびDICEと密接に連携。今回『BFV』のレイ トレーシングを以下のように最適化し、性能を最大50%向上させたとしています。

  • DXR レイ トレーシングを有効にしてゲームを作動させている際の安定性向上
  • レイ トレーシングを実行する、いくつかのコンポーネントの性能改善
  • 葉や植物に対するレイ トレーシング性能の改善
  • フレーム バッファ データを適宜使うことによる、全体的なレイ トレーシング品質の向上
  • レイ トレーシング シーンから無効なジオメトリを削除
  • 正しく適用されなかった、「中」品質の設定を修正

向上結果

GPU 解像度 DXR品質 ToWでのfps ローンチでのfps fpsの向上率
RTX 2070 1920×1080 72.6 55.1 +31.7%
RTX 2080 2560×1440 66.8 47.5 +40.6%
RTX 2080 Ti 2560×1440 最高 65.1 40.6 +60.3%
Battlefield V: Official DXR Dev Update – Up To 50% Performance Increase!

GeForce RTX 2080 Tiを所有していれば、最高品質のDXRレイ トレーシングを1440p / 60fps以上で体験可能。GeForce RTX 2070のゲーマーも中品質・1080p解像度に下げれば60fps以上でプレイできます。マルチプレイヤーで機能をオンにすることをためらっていた人も、これを機に体験してみては?

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

Source: PressRelease