BFV:アップデート配信、スポットやスローイングナイフ問題を修正する小規模アップデート

BFV:アップデート配信、スポットやスローイングナイフ問題を修正する小規模アップデート

DICEおよびElectronic Artsは『Battlefield V(バトルフィールド 5)』へ小規模なアップデートを日本時間本日2018年12月12日に配信、パッチノートを公開しました。

今回はいくつかの問題を修正するのみに留まっていますが、2019年1月に配信予定の大規模なクライアントアップデートの開発も並行して進行しているとのことです。

BFV 2018年12月12日 アップデートノート

  • 敵をキルした後に、ミニマップにスポットされることがなくなった。
  • 高レベルの斥候兵プレイヤーがスローイングナイフを使えなくなっていた問題を修正。
  • ドミネーションモードの特定マップにおける、初期の出撃チケット数を調整。
  • 「分隊」で練習場に行くと起こり得るクラッシュを修正。
  • タイド・オブ・ウォーのメニュー表示時に起こり得るクラッシュ問題を修正。
  • 「大戦の書:北極光」のプレイ時に起こり得るクラッシュ問題を修正。
  • チュートリアル映像再生中の壊れたオーディオ問題を修正。

無料DLC「タイド・オブ・ウォー チャプター1:序曲」のパッチノートと「序曲」後のアップデートは以下をご覧ください。

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

Source: reddit

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By アステル

    結局、BFってリアル路線で行きたいのか、ゲーム路線で行きたいのか、どっちなのか……

  2. By ゆうひ

    前のアップデート情報なので補足します。今日のサーバー側のアップデートでTTKとTTDのダメージモデルを変更するようです。本来のTTKとTTDで遊べる「コンクエスト・コア」を追加。ダメージモデル変更はかなりいきなりでびっくり。

コメントする