レインボーシックス シージ:イヤー4シーズン1「Operation Burnt Horizon」正式発表、舞台はオーストラリアで2名のオペレーターとひねりの効いたマップも

レインボーシックス シージ:イヤー4シーズン1「Operation Burnt Horizon」正式発表、舞台はオーストラリアで2名のオペレーターとひねりの効いたマップも

ユービーアイソフトは『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のイヤー4シーズン1「Operation Burnt Horizon」を正式発表しました。このアップデートでは、オーストラリアのSASRから2人オペレーターが追加されます。

イヤー4シーズン1「Operation Burnt Horizon」

SASRから2人のオペレーターが追加

1人は任務にストイックなアタッカーで、ディフェンダーの注意を引きつけるガジェットを使用。もう1人は勇気と誇りを大事にする機転の効くディフェンダーで、アタッカーに小さな混乱を引き起こすガジェットを使用するとのこと。

旧知の2人はオーストラリアのノウハウを授けるために、地球の反対側からレインボーに参加しています。

オーストラリアを舞台にしたマップも追加

一か八かの追跡劇から膠着状態となった、オーストラリアの辺ぴな場所にあるガソリンスタンドを舞台にしたマップ。オーストラリア感満載のマップではギフトショップや郷土料理を販売するファストフードのカウンターなども存在しており、ひねりの効いたマップになっているとのこと。

「Operation Burnt Horizon」の詳細およびイヤー4のロードマップは世界大会「Six Invitational 2019」にて日本時間2月18日より発表されます。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft

コメントする