WoT 祝砲 新時代の祝砲を鳴らせ!!

レインボーシックス シージ:Y4S1次期アップデート内容公開、AshのACOG削除・ロジックボムの自動切電・Lionリワークなど

レインボーシックス シージ:Y4S1次期アップデート内容公開、AshのACOG削除・ロジックボムの自動切電・Lionリワークなど

ユービーアイソフトは4年目に突入する『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のシーズン前デザイナーズノートを公開し、今後のアップデート内容を予告しました。以前の開発者Q&Aでは否定していたAshのACOG削除のほか、ロジックボムとGUマインの弱体化、Capitaoの窒息ガスボルトやLionのリワークが発表されています。

イヤー4シーズン1 アップデート

Ash

  • R4-CからACOGを削除

Ashは非常に人気があり、非常に強力です。 バランス調整チーム内で、すべてのアタッカーにデフォルトでACOGを持たせるべきか持たせないべきかという問いに挑んでおり、AshがアタッカーのACOG削除にどのような影響があるかを理解するのに最適だと感じています。 R4-Cは現在99%の確率で選ばれており、この変更が選択率のバランスを保つのに多少の助けになるはずです。

Maverick

  • SURIトーチと武器の切り替え時間を増加

補強壁に静かに穴を開け、ディフェンダーを倒すために素早く武器に切り替えられる能力はカウンターするのが難しいと感じているので、ブロートーチから武器への切り替え時間を増加させます。

音量を大きくすることも検討しましたが、現時点で必要なオーディオの仕組みを完成させることができません。そのため将来に行う可能性のある変更として未処理の項目リストに加えています。

Dokkaebi

  • 18秒経つとDokkaebiからの電話が自動的に切れるように
  • Muteのジャマー範囲内ではDokkaebiから電話がかからないように
  • Muteのジャマー範囲内に入ると電話が自動的に切れるように

これらの変更の目標は、Dokkaebiと対戦するときのディフェンダーのフラストレーションを減らすことです。ロジックボムに対抗するための選択肢を追加することで、ディフェンダーはより多くの対抗するための手段を得られることでしょう。

Capitao

  • 効果範囲を増加
  • ティック毎のダメージを19から12に減少

効果範囲がオブジェクトを貫通しないようにする改良された伝播システムを導入。長い間この新バージョンのシステムで作業を行っており、ようやくCapitaoの窒息ボルトで動作を実際に確認できるようになりました。

この新システムで効果範囲を改善することが可能になり、その結果としてガスボルトから受けるダメージを減少させることが可能になっています。 今回の変更により、Capitaoを本来の設計意図である接近阻止という形に戻したいと考えています。現在、窒息ガスボルトはほぼフラググレネードのような使われ方をされており、ダメージの減少と効果範囲の増加をすることにより、そのような使用方法の有効性を下げることになるでしょう。

またテストサーバーを使用して、窒息ボルトの効果範囲が環境とどのように相互作用するかを色んな方法で実験する予定です。さまざまな高さの環境に遭遇したときに、この効果範囲をより動的に作用できるようにする方法を探しています。以下が一例です。

Clash

  • マシンピストルからマズルブレーキを削除

フルオートになって以降、Clashのマシンピストルにマズルブレーキを装備するのはあらゆるシナリオで最悪の選択肢となっていたため削除します。

Lesion

  • GUマインのティック毎のダメージを8から4に減少

現在Lesionは非常に強いです。これはGUマインがスプリントやディフューザー設置を妨害できるのに加えて与えるダメージの総量が関係していると考えています。それを最小にするため、単一のGUマインがチックごとに与えるダメージの量を減少させています。

ブリーチングチャージ

  • 展開アニメーションを大幅に高速化
  • アタッカー側が受けるダメージを150から50に減少
  • ディフェンダー側のダメージ範囲を増加
  • ディフェンダー側の致死範囲を減少

ブリーチングチャージが攻撃者がにとってより安全で快適なものにできればと考えています。

現状

展開シールド

適切に配置するのが難しく、体が防護されているかどうかが分かりにくかった展開シールドの手直しを行っています。展開シールドの機能の仕方と使用方法の両面での見直しを行っています。

シールドオペレーター

現在のバリスティックシールドのプレイスタイルは、チームワークや戦術的なポジショニングよりも、ダイレクトな銃撃戦を行う方が大きく有利になる状態であることが分かっています。シールドを装備した状態でのADS速度を落とすことで対処することを検討しています。

Lion

Y3S4.2デザイナーズノートの冒頭で触れたとおり、Lionの見直しは進行中です。Six Invitationalにて詳細を公開予定です。

Glaz

Glazを非常に強力なエントリーフラッガー(最初に突撃をしてキルを奪う役割)としてではなく、本来の設計意図である射線や通路を封殺する存在に復活させたいと考えています。

Blitz

Blitzが敵に回した時に最もフラストレーションを覚えるオペレータの1人であると認識しています。このフラストレーションを軽減させる1つの手段として効果的であればと願っているのが、Blitz自身がピストルでADSを行うのに必要な時間を増加させることです。

さらに、アビリティーのクールダウンとフラッシュの検出方法の調整を検討しましたが、両方とも広範囲に及ぶオーディオとコーディングの作業が必要なことが分かりました。今後、行う可能性のある変更として未処理の項目リストに加えています。

イヤー3シーズン2での弱体後も人気のあったAshですが、今回ACOG没収という大きな変更がされます。ユービーアイの説明からすれば今回はテストの一環であり、成功すれば同様に人気の高いTwitchなどにも影響していくかもしれません。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft

コメント

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By お肉

    自分達が作ったゲーム否定するの好きすぎない?

  2. By ぺんてぃあむ

    G36Cが息してないからしゃーない

  3. By Pepper

    このゲームACOGの存在を無くしてグラズだけ遠くから覗けるかわりにスモーク取り上げる とかが一番いいと思う

  4. By 田中太郎

    シールド持ちはADSだけじゃなくて腰撃ち精度も弱体すべきでは?(スペツナズなんか特に)

  5. By レーヴァ

    UBIは自分達の中でこうしたいっていうビジョンがあるんだろうけど俺らはそれに振り回されてんだよなぁ…

コメントする