CoD:MW:シングルプレイヤーキャンペーンの主人公2人が判明、「Tier1オペレーター」と「アラブの兵士」

CoD:MW:シングルプレイヤーキャンペーンの主人公2人が判明、「Tier1オペレーター」と「アラブの兵士」

優先プラットフォームがPS4となることが明らかとなった『Call of Duty: Modern Warfare(コールオブデューティー モダン・ウォーフェア / CoD:MW』ですが、シングルプレイヤーキャンペーンでのプレイ可能キャラクターの詳細が判明。現在までに「Tier1オペレーター」や「アラブの兵士」としてキャンペーンが進行していくことが明らかになっています。

キャンペーンの主人公は現在までに2名が判明

『CoD:MW』のシングルプレイヤーキャンペーンでは、現代戦を背景にヨーロッパや中東などを舞台にすることが現在までに判明しています。

ドラマチックなシングルプレイヤーキャンペーンでは、限界を突破し『CoD:MW』しかできない形でルールを破ります。プレイヤーは有名なヨーロッパの都市や中東の広大な土地を舞台に、世界の特殊部隊や反抗勢力と共に息を呑む秘密作戦を体験します

『CoD:MW』での大きな特徴としては、プレイヤーが操作するキャラクターが1人ではない点が挙げられます。現地メディアは一足先にキャンペーンミッション2種のゲームプレイを見る機会を得たようで、その中で特殊部隊の兵士と思われる「Tier1オペレーター」と、反抗勢力の兵士である「アラブの兵士」の存在が確認されています。Tier1オ兵士はモダン・ウォーフェアシリーズ初となる『CoD4: Modern Warfare』でも登場したのが感慨深いとこと。

海外メディアの情報によると、ミッションの半分はこの「アラブの兵士」の視点でプレイを行うとのことで、シリーズとしては主人公が大きく二分する初の試みとなるようです。

その他のキャラクターとしてプレイが可能になるかは不明ですが、両陣営の視点が交差する複雑なストーリーが期待できそうです。

関連記事

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source:Blizzard Shop

コメントする

*