BFV:9月頭アップデート「逆境を超えて第4アップデート」パッチノート全文、少人数新マップ2種とMMG先駆け弱体化

BFV:9月頭アップデート「逆境を超えて第4アップデート」パッチノート全文、少人数新マップ2種とMMG先駆け弱体化

Battlefield V(バトルフィールド 5)』、Gamescomで公開された少人数マップ「Lofoten Island」と「Provence」がようやく実装されることとなる今回のチャプター4「逆境を超えて」第4アップデート。もちろんそれだけではなく、SMGの全体的な見直しや強化、MMGの暫定的な弱体化、長らくビークル乗りたちを悩ませていたスポット関連ガジェットの大量修正など、様々な修正・調整を含んでいるボリュームたくさんの嬉しいアップデートとなっています。

要注意点として「将来的な大型アップデートに備えるため」、今回はファイル構造の大幅な手直しを行っており、そのせいでアップデート時にHDD/SDD側で一時間以上を要する「準備フェーズ」が入ってしまうらしく、PC版ユーザーはおとなしくアップデートするよりも、回線が早いならば一旦アンインストールして1から再インストールしたほうが遥かに早くなるという、コミュニティーマネージャーAdam Freeman氏からのTIPSが入りました。光回線利用者や、安定して10Mbps以上の速度が出る回線強者はぜひお試しください。

「逆境を超えて第4アップデート」アップデート日時

  • PC版:日本時間9月3日午後5時
  • PS4版:日本時間9月3日午後6時
  • Xbox One版:日本時間9月3日午後7時

安定性

  • 全体的な安定性の改善とクラッシュバグの修正。
  • ファイアストームモードで敵のアーマーを破壊した際にプチフリを発生させていたバグの修正。

マップとモード

  • Lofoten Islands – チームデスマッチと分隊コンクエスト専用。
  • Provence – チームデスマッチと分隊コンクエスト専用。
  • Marita – 一部の窓でプレイヤーが乗り越えようとするとスタックしていたのを修正。
  • Marita – スポーン地点の改善。
  • Marita – スモークグレネードの挙動が変わり、わずかに透けていたのを修正。
  • Mercury – 分隊コンクエスト対応。

武器、ガジェット及び専門技能

スナイパーのダメージバランスが全体的に見直され、SMGのリコイルも再調整されました。特にSMGで言えば、一部の武器の専門技能をより適切な選択肢に変更したとのことです。元から使用中だった場合は専門技能を再選択する必要が出てくるので、ご注意ください。

バランス調整

  • サイドアーム、SMG、ピストルカービン、ボルトアクションカービンとアサルトライフルのジャンプ中の腰だめ精度を強化。
  • 「強化グリップ」専門技能を選択時に移動中の腰だめ精度も上がるように。
  • MMGの初弾の縦反動が150%向上し、5発目の縦反動が以前の初弾反動と同じになるように。更に次回以降のアップデートでもMMGの調整を予定。
  • ボルトアクションライフルと自動式ライフルの遮蔽貫通力を調整。
  • 対物ライフルの遮蔽貫通時のダメージが調整。
  • ナイフなど軽量近接武器のダメージを27から35に強化。

Lee-Enfield No.4 Mk I / Ross Rifle Mk III

  • 最大ダメージを65に強化(元は60)。
  • 最小ダメージを60に強化(元は55)。

Kar98k

  • 最小ダメージを66に強化(元は60)。

Krag-Jorgensen

  • 最大ダメージを60に強化(元は54)。
  • 最小ダメージを60に強化(元は54)。

EMP

  • 初弾の縦反動を0.52に減少(元は0.55)。
  • 最大縦反動を0.6に減少(元は0.73)。
  • 横反動を0.31に減少(元は0.35)。
  • リコイルパターンを減少。

MAB38

  • 初弾の縦反動を0.5に減少(元は0.55)。
  • 最大縦反動を0.59に減少(元は0.73)。
  • 横反動を0.267に減少(元は0.3)。
  • リコイルパターンを減少。
  • 腰だめうちの横反動がやや高すぎたバグを修正。

MP28

  • 最大縦反動を0.68に減少(元は0.7)。
  • 横反動を0.66に減少、ポーテッドバレル専門技能をつけると0.6に(元は0.75と0.55)。
  • リコイルパターンを減少。

MP34

  • リコイルバッファー専門技能を強化グリップに変更。
  • 初弾の縦反動を0.5に増加(元は0.48)。
  • 最大縦反動を0.5に減少(元は0.63)。
  • 横反動を0.32に減少、ポーテッドバレル専門技能をつけると0.17に(元は0.4と0.2)。
  • リコイルパターンをわずかに減少。

MP40

  • 初弾の縦反動を0.48に増加(元は0.42)。
  • 最大縦反動を0.57に減少(元は0.63)。

M1928A1

  • 横反動を0.77に減少(元は0.9)。
  • ポーテッドバレル専門技能をカスタムストックに変更。
  • リコイルパターンをわずかに減少。

Suomi

  • 縦反動を0.72に減少(元は0.76)。
  • 横反動を0.8に減少(元0.93)。
  • ポーテッドバレル専門技能をカスタムストックに変更。
  • リコイルパターンをわずかに減少。

ZK383

  • 初弾縦反動を0.4に減少(元は0.42)。
  • 最大縦反動を0.46に減少(元0.5)。
  • 軽量ボルト専門技能を使っている際のリコイルパターンをわずかに減少。

その他の調整

  • 自分の投げたグレネードを投げ返せるように。
  • ハンドグレネードの爆発エフェクトを調整・改善。
  • 設置された対人地雷がデスしてもデスポーンしないように。
  • 有刺鉄線に対人地雷を括り付けることができていた仕様を削除。
  • 対人地雷起動時の「ピンッ」音を増大。より直感的に伏せれるように。
  • 対戦車地雷のダメージが前回のアップデート以来不安定だったバグを修正。
  • 対戦車擲弾ピストルの取り出し時間がアニメーションにマッチするように修正。
  • 対戦車擲弾ピストルの建築物に対するダメージが想定より低かったバグの修正。
  • PIATとパンツァーファウストを連続してリロードすると、リロードアニメーションが次第におかしくなっていたバグを修正。
  • 野戦衛生兵がククリ刀を使った際に攻撃範囲が伸びなかったバグを修正。
  • MAB38マスタリーIVの完了条件を変更。
  • S2-200マスタリーIVとエキスパートVIのノルマが正しく計上されていなかったバグを修正。
  • 包帯か弾薬パックを使用しながらADSすると硬直があったバグを修正。
  • レイテンシーが高いプレイヤーなら対人地雷を横隣りに並べる事ができていたバグを修正。
  • 対物ライフルのAPCR弾専門技能が建築物に異常なダメージを与えていたバグを修正。
  • Boys AT Rifleで中距離スコープを使用した際のスコープ反射光の挙動を修正。
  • 跳弾が設定されていない弾薬でも一定の角度を超えるととりあえず雰囲気で跳弾してたバグを修正。
  • フレアガンの弾薬カウンターが表示されていなかったバグの修正。
  • 近接攻撃時にクロスヘアが相手の頭を自動追尾する機能が、近接攻撃終了後も持続していたバグの修正。
  • M30 Drillingを拾い上げた場合、バレルが消失していたバグの修正。
  • 分隊支援を選択しながらキルされた際に、稀に蘇生後に分隊支援を使用できなくなっていたバグの修正。
  • EMPの「ブルーイング」マズルの色が間違っていたバグの修正。
  • 金スキン武器がなんか金っぽくなかったバグを修正。

歩兵

  • 落下時により早いタイミングでパラシュートを展開できるように。具体的には、ほとんどの死亡高度なら展開できるように。
  • パラシュート使用時に今までより滑空が効くように。体の向きやAIMの方向もパラシュートに影響するように。(ファイアストームのパラシュートは従来どおりの挙動)
  • 死亡高度を従来より引き上げ。
  • パイロットと戦車長の制服を改善。
▲枢軸軍の戦車長(写真中央)は新しいモデルを使用するように。
  • 近くに兵士がスポーンした際の音質を改善し、察知しやすいように。
  • 兵士が車両に搭乗中にキルされた際、ラグドールがおかしくなっていたのを修正。
  • クリッピング削減のため、中隊画面でイルゼが武器を握るときのポーズを改善。
  • 味方を蘇生中の兵士のヒットボックスがアニメーションに同期されていなかったバグを修正。
  • プレイヤーが何かを登攀するときにカメラワークが跳ねていたバグの修正。
  • 超高速で弾薬箱や医療品箱を投げつけられた兵士が死んでいたバグを修正。
  • 味方を蘇生中の衛生兵に触れると高速で吹っ飛んで死んでいたバグを修正。
  • 対象と高度がちょっとでもずれるだけで近接テイクダウンができなくなっていたバグを修正。
  • ファイアストームで伏せたまま近接攻撃を連打すると、稀に近接攻撃アニメーションにハマっていたバグを修正。
  • エアボーンモードのオープニングで、たまに低品質な兵士モデルが輸送機に搭乗していたバグを修正。
▲連合軍のパイロットモデル、改めて見るとまるで映画の登場人物のような作り込みだ。

ビークル

  • シュトゥルムティーガーのフレアランチャーとスモークランチャーが補給不能になっていたバグを修正。
  • シュトゥルムティーガーの弾道が表示され続けるバグの修正。
  • クロコダイルの砲塔旋回速度が方向によって違っていたバグを修正。
  • ユニバーサルキャリアのフロントガンナーがズーム機能を使う際にクリッピングしていたバグを修正。
  • ユニバーサルキャリアの4番席がUI上に正しく表示されていなかったバグの修正。
  • ユニバーサルキャリアのフロントガンから席を移動した際に、AIMの方向が狂っていたバグを修正。
  • T38戦車の偵察スコープ専門技能を修正。
  • ビークルのトップガンナーが一部のケースで歩兵からダメージを受けていなかったバグを修正。
  • バレンタイン・アーチャーのサイトがグラフィック上破綻していたバグを修正。

PC版限定の改善点

  • マウスを使用時のコモローズのインプットを改善。

コンシューマー版限定の改善点

以下のアチーブメントのバグを修正:

  • 何でも屋(突撃・衛生・援護・偵察それぞれで100,000スコアを取得する)
  • グローブトロッター(すべての初期マップでコンクエストモードを一回プレイする)
  • 頭上からの死(マルチプレイで航空機を使い固定兵器を5台破壊する)
  • エリート(500,000スコアを取得する)

4.6版の予定表

  • 新マップ:Operation Underground。
  • MMGのゲームプレイシステム変更。
  • 安定性の改善。

おまけのQ&A

Partwelsh:BFVを担当しているEAコミュニティマネージャー。
DRUNKKZ3:DICEのコアゲームプレイデザイナー。元プロゲーマー。

Q:高速で飛んでくる弾薬箱にぶつかると兵士は死んでいた…?マジ…?
DRUNKKZ3:蘇生アニメーション中の兵士もそうだけど、たまーにオブジェクトの速度の内部数値がおかしくなるんだよね、その状態でさらに接触判定まで入るといろんなバグを巻き起こしていたんだ。

Q:スナイパーライフルの貫通力を調整って、具体的にはどういうこと?強化と弱体のどっち?
DRUNKKZ3:強化だね、よりたくさんの素材を抜けるようになった。ボルトアクションライフルなら、遮蔽越しにヘッドショットで1ショットキルを狙える可能性が前よりも大幅に上がったよ。対物ライフル程ではないけどね。

Q:トップガンナーが無敵になってたバグが直ったのは良かったよ!すごいイライラしてたんだ。
DRUNKKZ3:それを聞いてよかったよ。実は案外ものすごく手強いバグだったんだ。

Q:38T戦車の偵察スコープを修正したって書いてあるけど、スタッグハウンドや航空機カメラは?
DRUNKKZ3:ほとんどは修正されたはずだよ。直ってない分も4.6バージョンで修正するつもりだ。他にバグがあったら伝えてくれると助かるよ。

Q:よりによって地雷を強化するのか。
DRUNKKZ3:強化っていう程でもないんだ。対戦車地雷はずっと戦車に接触する遥か前に起爆してしまう仕様のせいでまともに戦車にダメージが入っていなかった現象の修正で、対人地雷は仕様を他の設置型ガジェットと統一したっていうだけだね。ついでに言えばテレメトリーも参照したんだけど、デス時消失の機能は要らなさそうだったんだ。

Q:今回のパッチノート公開は大分急だね、アップデート40分前に公開とか、びっくりしたよ。
Partwelsh:普段は18時間前ぐらいの公開を心掛けているんだけど、今回はパッチの決定自体がギリギリだったんだ。私も昨夜は結構遅くまで起きて連絡を待ってたんだけどアップデートの情報が全然なくてね。しかたなく寝たらその直後に連絡が入って、朝7時からオフィスでこれを書いているんだ。書き終わったらとりあえずマックのソーセージエッグマフィンを食べたい。

Q:今回のアップデートは素晴らしいな!4.6アップデートもこれぐらい充実してると良いんだけど。
Partwelsh:私はあまり物事を期待しすぎないタイプだけど、開発班からはすでに4.6はこれ以上の改良や仕様改善を行うっていう通達が来ているんだ。しかもその上で新マップだからね。良いニュースじゃないかな。

見解

まずは何よりも「Provence」と「Lofoten Islands」という新マップの実装が喜ばしいですね。「Marita」はCQCマップとして申し分ない楽しさを持っていますが、新実装の2マップは元々「5対5競技モード」に完璧にマッチするようにデザインされてきたというのもあり、「Marita」よりも更に緊迫した小規模戦闘にもってこいだそうで、TDMや分隊コンクエストプレイヤーならば今回のアップデートでしばらくは大満足できそうですね。

SMGと言えば、サービス開始当初から数ヶ月はARやセミオートライフルと比べると弱すぎるという声が上がっていましたが、それも落ち着いてきた今になって全体的な強化となりました。ジャンプ時射撃精度の向上も、衛生兵のよりアグレッシブなプレイスタイルへのエールだと言えますね。また、SMGの中で唯一ダメージモデルが中距離向けなのに精度が比較的悪かったMP34が群を抜いて精度を強化されたのも面白いところです。長らくMP40が独占していた中距離SMGのシェアを奪い取れるかもしれませんね。

逆に今回弱体化されたMMGを見ていきましょう。MMGは実は至近距離なら他の強力なARやSMGより微妙に早いぐらいのキルタイムなのですが、その真の強みは中遠距離でもまったくパフォーマンスを落とさずに素早くキルできるという点。初弾縦反動を2.5倍に、その後の5発分の反動も強化するという調整は、MMGの強みである中遠距離での影響力の減少と捉えて良いでしょう。更に今回の調整は先駆けということで、4.6で改めて大々的にメスを入れるそうです。サービス開始時から長らく議論の的になってきたMMG、『BF』シリーズ過去作と比べると俄然と腕を上げた『BFV』銃器バランス班の最初の壁といった所ですが、どのような着地点に行き着くのか目が離せませんね。

目立たないけれど重要な点で言えば、長らく取り沙汰されていた戦車兵やパイロットの外見にやっと調整が入っていたのは、リアリティ重視派のプレイヤーにとっては何よりの朗報でしょう。ビークルのスポット系ガジェットがここ数ヶ月はまともに動いてなかったのがやっと修正されたのも、ビークル乗りとしては嬉しい所ではないでしょうか。「実はユニバーサルキャリアには幻の4番席がずっと存在していて、UIバグで見えないだけだった」という項目も中々興味深いです。

最後に、筆者的に気になった調整を上げるなら「自分のグレネードを投げ返せるようになった」でしょう。お手玉みたいな使い道もできるのですが、グレネードの取り扱いに慣れているプレイヤーなら発想次第で様々な使い方を編み出せそうです。

▲投げ返す時に判定が長くなっているのか、爆発時間が8秒程に伸びている。

ボリューム的にはかなり大きい4.4アップデートですが、4.6では更にこれ以上のものを用意しているとのことで、今から9月・10月末が待ちきれませんね!

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

900円(11/19 03:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Reddit

COMMENTS

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    BFユーザーで小人数MAPだされて喜ぶ奴なんて居るのかよ。マジDICE

  2. By 匿名

    6はいつ発売するかな

  3. By 匿名

    オレの読解力不足かな?スオミが弱体化じゃなくてなぜか強化されてるように見えるんだけど…ポテトの有無でどんくらい変わるか数字で教えてほしい

  4. By 匿名

    bfvアンストしました

  5. By 匿名

    BFの取り柄は大人数での大規模戦闘とアタッチメント等の細かいカスタマイズが出来ることなのにBFVって全部反対の事ばかり
    ただでさえマップ追加ほとんど無いのに少人数マップを出されても…

  6. By 匿名

    チート放置もゴミだけど何より個人的にはMMGがゴミ
    スポット廃止+視認性の悪さというデザインで伏せ撃ち精度が高いMMGなんてマッチするわけない
    動かずに伏せて敵が来るのを待つのが正しいFPSなんて面白いわけないだろ

  7. By 匿名

    翻訳ありがとうございます。
    どんどん新マップ来て欲しいなぁ。

  8. By 匿名

    翻訳ありがとぉぉぉ

  9. By BF信者だった私

    誰がBFでCQCマップなんか求めてるんだ?BFの開発陣は何が悪くてこんな結果になったのか理解出来ていないのか🤔

  10. By aaa

    で?夏中にリリースするって言ってたプライベート鯖は?

コメントする