サイバーパンク2077:14分に及ぶ公式解説動画公開、カットシーンは没入感を重視しほぼ一人称視点に

サイバーパンク2077:14分に及ぶ公式解説動画公開、カットシーンは没入感を重視しほぼ一人称視点に

CD PROJEKT REDは2020年にリリースされるSFアクションRPG『Cyberpunk 2077(サイバーパンク2077)』の14分に及ぶ公式解説動画を公開しました。また、三人称だったカットシーンの多くが一人称視点に変更されたことも明らかになっています。

サイバーパンク2077 ― 2019 ディープダイブビデオ

映像ではナイトシティの地区「パシフィカ」、ギャングの「ヴードゥー・ボーイズ」とその敵「アニマルズ」、キャラクター作成システム、2種類のプレイスタイル「ストロング・ソロ」「ネットランナー」、サイバーセキュリティ、そしてキアヌ・リーブス氏演じるロッカーボーイの反乱者「ジョニー・シルバーハンド」について詳しく解説されています。

以下は開発チームによるスペシャルQ&Aセッション(英語)です。

Cyberpunk 2077 – Deep Dive Video + Q&A panel with developers

ゲームプレイは一人称視点中心に

また本来三人称となるシーン(セックスシーン含む)もすべて一人称に変更されたという情報が流れていましたが、CD PROJEKT REDはこれについて没入感を最大にするためと説明。ただし所持品画面、運転時、鏡のほか、ごく一部のカットシーンでは三人称視点に切り替わることも明かされています。

この変更は間違いなく受け入れられように感じます。ただせっかく作成したキャラを見る機会が少なくなってしまいますが、この点はローンチ後に追加されるマルチプレイヤーでの何らかの対応に期待できるかもしれません。なお同様の問題で議論の対象となったものに『タイタンフォール2』(こちらは一部モーションが一人称→三人称に変更)があります。

サイバーパンク 2077(Cyberpunk 2077)』の発売日は2020年4月22日で、対象機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。2020年中にはGoogle Stadiaでの配信も予定。

コメントする