レインボーシックス シージ:Y4S3シーズン開始前デザイナーズノートが公開、WARDEN強化/フラグ持ち増加/ディフューザー設置時間増加など

レインボーシックス シージ:Y4S3シーズン開始前デザイナーズノートが公開、WARDEN強化/フラグ持ち増加/ディフューザー設置時間増加など

ユービーアイソフトは、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』におけるイヤー4シーズン3の開始前デザイナーズノートを公開しました。

一般的なコンテンツ

壁破壊

ショットガンによる壁破壊

工事がしやすいように調整します。ショットガンで開けた穴に木枠が残らないように、安定して壁破壊ができるようこれからも努めていくとのことです。これによりSmokeやMozzieといった工事の役割を持つオペレーターたちが準備フェーズに使える時間が増えるかもしれません。

Keratos .357とLFP 586

これらリボルバーの壁に対する破壊力をValkyrieなどが持つD-50のレベルに合わせます。この改良で装備の選択肢を広げ、各武器の魅力向上を目指すとのこと。D-50と同じ破壊力があれば数発壁に撃つ込むだけでニトロセルなどのガジェットを通せるほどの穴が空きます。

武器のバランス調整

G8A1 LMG

IQやY4S3で登場するAmaruが持つG8A1 LMGの弾薬を100発追加して同クラスの他の武器とレベルを合わせます。これまではアサルトライフルにさえ銃弾数で劣っていましたがこの調整で、よりLMGらしい性能となりそうです。TTSではG8A1 LMGのアタッチメントにアングルグリップがあり、大きなネックであるADS移行速度の遅さもカバーされているのでこのまま実装されればかなり強力な武器となるかもしれません。

417 DMR

417のマガジン装弾数を10発追加して20発にします。TwitchとLionが持つこの武器の使用率を上げる狙いがあるようです。どちらのオペレーターも417の他にF2、V308といった強力なメインウェポンを持っていることが417の使用率が低い原因となっていそうですが今回の調整でどのように変わるでしょうか。

PDW9

  • 基本ダメージ:34
  • 18m地点のダメージ:34
  • 28m地点のダメージ:26

JACKALの強力な武器であるPDW9の威力減衰を、同クラスの他のすべての武器と同じ通常レベルにします。基本ダメージは変わらないようです。

AUG A3

Kaidの持つAUG A3のダメージを33から36に増加させます。TCSG12の強さが原因で低くなっているAUG A3の使用率を上げる狙いがあるようです。ガジェットにC4とインパクトグレネードを持っていて工事をするためにTCSG12を持つ必要はないため、AUG A3のダメージを上げればTCSG12と同レベルになるという見立てがあるとのこと。

オペレーターのバランス調整

WARDEN

  • 体勢変更のペナルティ: 30%
  • 移動のペナルティ: 1メートルにつき20%
  • ペナルティ取り消しまでの時間を0.1秒に設定
  • 完全回復に要する時間が1秒から0.5秒に変更
  • 方向転換時のペナルティが廃止
  • 覗き込みのペナルティ: 20%

『レインボーシックスシージ』WARDEN

前シーズン行われたGlasのサーマルスコープにおけるペナルティシステムを参考にWardenのスマートグラスのペナルティも調整するようです。これによりプレイ時の快適さと機動力が向上し、今までより若干パワフルなオペレーターとなることを期待しているとのことです。

Wardenは持っている武器の性能があまり高くない上に機動力が乏しく、能力も使われたガジェットへの対策をするものなので生きるかどうかは相手に依存します。そのためガジェットを効果的に使用するハイレベルな戦いでこそ真価が発揮されるオペレーターと言えるのでプロシーンなどでの活躍を見てから本格的な調整が入るのではないかと思われます。

CAPITÃO

窒息ガスボルトの視覚効果と効果音がGoyoのボルカンシールドのものと同じになります。これにより窒息ガスボルトの使用やその効果範囲が認識しやすくなるため、誤ってダメージを受ける危険性が減ります。実際の見た目と音はこちらから確認できます。

FUZE

ガジェットの展開が2秒から1.6秒に変更され、アビリティを使用する際のリスクが減ります。今までより無防備な敵の不意を突きやすくして、オペレーターの使用率を上げる狙いがあるとのこと。

シールドを使うオペレーター(FUZE/BLITZ/MONTAGNE)

シールド装備時にADS状態へ移行するまでの時間を0.4秒から0.6秒に延長します。今までこの時間が短すぎてシールドを使用するオペレータを倒すのが難しすぎたため、銃撃戦の公平性を高めるためにこの調整をするそうです。ランクマッチでBanされることが多いシールド持ちのオペレーターたちですが、この調整でどのように変わるでしょうか。

オペレーターの装備変更

  • Smoke:インパクトグレネードを展開型シールドに変更
  • Rook:展開型シールドを有刺鉄線に変更
  • Jager:展開型シールドを防弾カメラに変更
  • Frost:有刺鉄線を展開型シールドに変更
  • Mira:展開型シールドを有刺鉄線に変更
  • Lesion:展開型シールドを防弾カメラに変更
  • Maestro:展開型シールドをインパクトグレネードに変更
  • Warden:インパクトグレネードを展開型シールドに変更
  • Dokkaebi:スタングレネードをフラググレネードに変更
  • Glaz:クレイモアをフラググレネードに変更
  • Nøkk:スタングレネードをクレイモアに変更

『レインボーシックスシージ』展開型シールド

防衛側のガジェットである展開型シールドが改良されたことで、オペレーター全体のガジェットを見直す必要があったとのこと。防衛側は展開型シールド持ちオペレーターの数を若干減らし、攻撃側は強化されたシールドに対抗するため新たに数人フラググレネード持ちを増やしています。また、これまでWardenとNøkkは一時的な代替を使用しているとされてましたが、これでついに初期のサブガジェットが実装されるようです。

GlazとDokkaebiはどちらも貴重なスモーク持ちな上にGlazのアビリティはスモークとの相性がかなり良いので、マッチの中でフラググレネードの危険性が極端に増すということは考えられませんがこの変更が今後ゲームにどのような影響を与えるのか気になるところです。

爆弾解除における時間の増加

ディフューザーの設置時間と停止時間がそれぞれ5秒から7秒に増加します。これにより爆弾エリア制圧の意義を高める狙いがあるようです。今後はよりしっかりと爆弾エリアを確保してからディフューザーの設置と停止を行わなければならないので戦術の面がさらに大切となります。

関連記事

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft

コメントする