CoD:MW:「バトルパス」のリワード映像が公開、リワードだけで次シーズンのバトルパスは実質無料?

CoD:MW:「バトルパス」のリワード映像が公開、リワードだけで次シーズンのバトルパスは実質無料?

Infinity Wardは、『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』の「シーズン1」のコンテンツをリリースに先駆けて触れてもらうために、先日スタジオにて行われたイベントへ多くのYouTuberを招待。そこで撮影された映像からバトルパスのリワードの全貌が明らかとなりました。

シーズン1のバトルパスシステム

先週、「バトルパス」のティアがデータマイニングによってリークされ、『CoD:MW』のバトルパスシステムには無料のティアと有料のティアが存在することが判明していました。

リークでは104ティアとされていましたが、実際はバトルパス購入と同時に即時アクセス可能なリワードが4種、有料のティアが80種、誰でもプレイするだけでアクセスできる無料ティアが20種という構成になっています。

CoDMW_Season1_BattlePass02
バトルパス所有者は計100ティア、フリーでも計20ティアの報酬が獲得できる。

バトルパスの値段は1,000 CODポイント。これに加えて最初から20ティアを開放した状態で始められるバトルパスバンドルは2,400 CODポイントとなっています。

ティアは1つにつき150 CODポイントでも開放することが可能で、100ティア全てを開放する場合は15,000 CODポイントが必要。お得とは言えませんが、時間をお金で買うことが可能な仕組みとなっています。

ティアによるリワードには、新武器、武器設計図、チャーム、オペレータースキン、時計、エンブレム、ステッカー、スプレー、コーリングカード、ダブルXPトークン、CODポイントなどが含まれており、外観アイテムや消費アイテムがほぼ全てを占めています。

ゲームバランスに影響を与える要素としては新武器ですが、今回の新武器となる「Holger-26」と「RAM-7」は無料ティアで獲得が可能。それぞれ15ティアと31ティアにて獲得ができるので、バトルパスを購入しない人にとっても親切な設計となっています。

Espresso氏の動画でゲーム内の全ティアが公開される

Modern Warfare: BATTLE PASS FULLY EXPLAINED (All 100 Tiers, Cost* & More)

CoDMW_Season1_BattlePass03
シーズン1バトルパス報酬 コーリングカード”ON ALERT”
CoDMW_Season1_BattlePass04
シーズン1バトルパス報酬 新武器”Holger-26″
シーズン1バトルパス報酬 時計"KEELE CAMPAIGN SILVER"
シーズン1バトルパス報酬 時計”KEELE CAMPAIGN SILVER”
シーズン1バトルパス報酬 設計図"SIBERIAN TIGER"
シーズン1バトルパス報酬 設計図”SIBERIAN TIGER”
シーズン1バトルパス報酬 オペレータースキン"Forest Op"
シーズン1バトルパス報酬 オペレータースキン”Forest Op”

リワードを集めれば次のバトルパスは実質無料?

さて、ここで注目すべきなのはバトルパスの値段は1,000 CODポイントであることと、バトルパスのティアを通して得られるCODポイントが1,300である点です。

バトルパスの値段

つまり、今後もバトルパスの値段が1,000 CODポイントであり、ティアから得られるCODポイントも同等と仮定。シーズン1のバトルパスを購入してティアによるCODポイントを全て獲得したとすると、今後のバトルパスは実質無料。購入してもお釣りがくることになります。

1,300 CODポイントの内訳は、無料ティアによって得られるCODポイントが300、有料ティアによって得られるCODポイントが1,000。シーズン1では合計するとティア74にて1,000CODポイントが貯まるので、その時点で次のシーズンのバトルパスが購入可能なCODポイントが得られる可能性が高くなります。

もちろん、100ティア開放には多くのプレイ時間が必要となることが予想されますが、マルチプレイとスペシャルオプスをヘビーにプレイする予定のプレイヤーにとっては朗報と言えそうです。

CoD:MW: シーズン1のバトルパス報酬がリーク、新武器2種 / オペレータースキン12種 / 設計図20種 / CODポイントなど(全104種)

CoD:MW:大型無料コンテンツ第一弾「シーズン1」12月4日開始、リメイクマップ/新マップ/新モード/新オプスなどCoD史上最大の無料追加コンテンツ

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Charlie INTEL

COMMENTS

  • Comments ( 31 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    フルプライスのゲームでこれやるのはなんか印象悪いな、、

    • By 匿名

      そうだよな~フルプライスの癖に追加マップ有料でガチャ限武器まである某ゲームとかホント印象悪いよな~www

      • By 匿名

        アンチコメをBO信者認定したいMW信者さん一人で大変やね

      • By 匿名

        どこをとったらBO信者認定したいようになるのかわからんな

      • By 匿名

        枝主だが
        なんでBO信者認定ってことになるの?マップ有料+ガチャ限武器は何もBOシリーズだけに限った話じゃないけど?

    • By hourei (@hourei89mo)

      シージ『お、そうだな』

    • By 匿名

      んー よくそれよく違うとこでも見かけるんだけどちょっと聞きたいんだが
      新マップ&武器は無料で遊べるとして、バトルパスはほとんど見た目の問題でしょw
      じゃあ、過去作に天井あるか知らないけど武器とか完全運のガチャが良かったのかって事w 追加dlc自体、開発日は無料じゃないんだからせめて見た目だけの課金ぐらい許すってか嫌ならスルーしなって話 あと、関係ないけどフルプライスでしかも内容に関わってくるdlcを課金させるゲームは腐るほどあるんだがw 

  2. By 匿名

    これ割と頑張った方じゃないか?
    継続してプレイすれば実質無料というのは全然有りだと思う

  3. By 匿名

    いつまでこの体制が続いてくれるんだろう
    そのうち有料ティアじゃないと取れない武器を平気で出してくるのがcod

  4. By 匿名

    もちろん課金しますわー

  5. By 匿名

    ええやん!いいシステムやわ!企画出したの誰や?褒めたるわ!

  6. By 匿名

    なんだかんだ楽しみにしてる

  7. By 匿名

    うーんwゴミw

  8. By 匿名

    武器がほしいだけの人は無料で良さそうだね
    アタッチメントとかスキンでオシャレしたい人が買えば良さそうだし、買ったとしてもプレイすれば買ったポイント以上になって戻ってきてくれるのもありがたいわ

  9. By 匿名

    ええな

コメントする

*