Destiny 2:シーズン9「暁旦のシーズン」は日本時間12月11日午前3時から開幕、新シーズンの注意点

Destiny 2:シーズン9「暁旦のシーズン」は日本時間12月11日午前3時から開幕、新シーズンの注意点

まもなくシーズン9「暁旦のシーズン」が始まる『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、新シーズン開始に合わせて留意しておくべき注意点や予測される不具合を、開発スタジオのBungieがリストアップしていますのでご紹介します。

シーズン9「暁旦のシーズン」の注意点

さきほど、Bungieが公式ツイッターアカウントにて告知したリストは以下の通りです。

  • アップデート2.7.0配信後に初めてログインすると、プレイヤーは”CHICKEN”エラーが発生する可能性があり。この問題が発生した場合はゲームを再起動を推奨
  • 新アクティビティ「サンダイアル」の報酬をアクティビティ完了時に取得するには、オベリスク(新要素の一環)とリンクしている必要があり
  • シーズン8「不死のシーズン」が終了しても、ポストマスターから「不死のシーズン限定通貨」が自動で削除されない。このシーズン限定通貨はプレイヤーが手動で削除可能
  • 称号”Savior(意訳すると「救世主」)”を解禁するのに必要な勝利の道のりの達成数が28と記載されている。実際は勝利の道のりを15個完了すれば称号を取得可能
  • オベリスクの前に立っている間、プレイヤーは敵にキルされる可能性がある
  • サンダイアルを完了してからすぐにオービットに帰還してしまうと、クエスト”A Matter of Time(意訳すると「時間の問題」)”の進捗にカウントされない
  • プレイヤーがエキゾチックトレースライフル「神聖」を使っていると、バリアチャンピオンのシールドが消滅しない
  • 以下のシーズン9の勝利の道のりは将来のアップデートで修正され、要求数も低下する
    • ”Challenges(挑戦)”が週間の挑戦を完了しても進まない
    • ”Rituals(恒例儀式)”が週間ギャンビットバウンティと悪名ランクで進まない
    • “Engagement(約束、エンゲージメント)”がかけらを入れても進まない

その他にもプレイヤーからの報告には目を通し、重要な問題が見つかれば最優先で修正するとのことです。

なお、シーズン9「暁旦のシーズン」は12月11日の午前3時から開幕しますが、午前4時まではメンテナンスがバックグラウンドで継続されます。DIMやイシュタルコマンダーといったサードパーティ製アイテム管理アプリが利用できないと思われるので、開幕からプレイされるガーディアンの方々はメンテナンスが始まる11日午前1時までアイテムを移しておきましょう。

基本プレイ無料FPS『Destiny 2』の対応機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC

Source: Bungie

コメントする

*