[噂] VALORANT(ヴァロラント): “吸血鬼の新エージェント”の音声ファイルを発見?、ベータパッチ0.50も配信中

[噂] VALORANT(ヴァロラント): “吸血鬼の新エージェント”の音声ファイルを発見?、ベータパッチ0.50も配信中

ライアットゲームズの超能力×タクティカルFPS『VALORANT(ヴァロラント)』はベータテストが進行中で、日本時間5月12日深夜にも新たに0.50パッチが配信されるなど、正式リリースに向けて調整が続いています。そんな中、今回は未発表のエージェントのものと思われる音声ファイルが発見されました。

新エージェントのサウンドファイルを発見?

Redditのヴァロラントサブレで最新パッチのデータを解析していたユーザーが、女性キャラクターの音声ファイルを発見。ファイル名に「Vampire」とあることから、「吸血鬼の新エージェント(操作キャラクター)」として同サブレ内で紹介しています。

Leaked “Vampire” Agent SFX! (Twtr: @ValorantSource) from r/VALORANT

これに対して、同じライアットゲームズの『リーグオブレジェンド(LoL)』をプレイしているユーザーから、これは同作に登場するレジェンド(操作キャラクター)である「カリスタ」のセリフであり、フェイクファイルなのではという指摘がありました。

一方で、「確かにセリフはカリスタだが、これらの効果音は『LoL』には使われてない」という指摘もあります。さらには、これは単にプレースホルダー(仮置き)アセットとして置かれているだけのファイルではないかなど、さまざまな憶測を呼んでいます。

ベータテスト中であるため、『ヴァロラント』はリリース後にどのようなタイミングで新エージェントを実装していくのかは不鮮明ですが、自社内の他作品とのコラボレーションもあり得るのかもしれません。

パッチ0.50が配信中

ゲームそのものはベータテストが進行中で、日本時間5月12日深夜にも最新パッチ0.50が配信されました。リリース前のパッチなので、バグ修正だけでなく、デザインや操作感に関わる変更が目立ちます。特に気になるのはエージェントたちのバランスアップデートの動向でしょう。

新作FPS『Valorant(ヴァロラント)』:エージェント9人のアビリティまとめ、”自己蘇生”から”テレポート”まで多彩な能力をチェック

現時点では敵のスピードダウンや進路妨害、回復までこなせるセージや、同じく敵を足止めをしつつ情報収集もできるサイファーなど、コントロール型のエージェントが悪さをしていたようです。弱体化しつつ、他のエージェントたちとのバランスを取る作業が今後も続けられるものと思われます。

味方の回復と敵の妨害を担うセージ

今夏のリリースに向けて期待が高まるヴァロラント。「キャラクターアビリティもの」の他のオンライン対戦タイトルと同様に、バランス調整はリリース後も続くことが予想されます。しかし10年以上『LoL』を運営しているライアットゲームズのバランス調整力も、ある意味ではこのゲームの1つの見所になるでしょう。

無料FPS『VALORANT(ヴァロラント)』の発売日は2020年夏で、対象機種はPC。

Source: Reddit

コメントする

*