Destiny 2:2020年11月11日から始まる4年目拡張コンテンツ「光の超越」で変更される、各アクティビティの内容と新しいアクティビティ報酬

Destiny 2:2020年11月11日から始まる4年目拡張コンテンツ「光の超越」で変更される、各アクティビティの内容と新しいアクティビティ報酬

先日、シリーズが6周年を迎えたばかりので『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、今週から入手できるエキゾチックピストル「トラベラーの英雄」のトレーラーと、2020年11月11日にリリースされる4年目拡張コンテンツ「光の超越」で変更される、ストライク(PvE)、クルーシブル(PvP)、ギャンビット(PvEvP)の新しい仕様と、新たに追加される「追求武器」についての情報が公開されました。

新エキゾチックピストル「トラベラーの英雄」

6月10日から始まった「到来のシーズン」を股にかけた前後編のエキゾチッククエストの後半部分が今週から解禁されました。このクエストを完了させることでエキゾチックキネティックピストルの「トラベラーの英雄」を入手できます。 それにあわせてトレーラーも公開されました。

Destiny 2 「到来のシーズン」 – トラベラーの英雄 – エキゾチックピストルのトレーラー [JP]

アイテム掘りのモチベを高める目の前のエサ「追求装備」

敵を倒したりコンテンツをクリアすることでアイテムを入手し続けるハック&スラッシュやルーターシュータージャンルには、プレイヤーにコンテンツをプレイさせ続ける動機づけとなる魅力のあるアイテムの存在が欠かせません。 『Destiny 2』は11月11日からストライク、クルーシブル、ギャンビットそれぞれにプレイリストアクティビティ限定のアーマーセットが追加されます。

Destiny 2:2020年11月11日から始まる4年目拡張コンテンツ「光の超越」で変更される各アクティビティの内容と新しいアクティビティ報酬が公開

これまでにない特徴を持っており、アクティビティ限定のデカールとシェーダーも用意されているとのことです。 入手方法はアクティビティの完了やランクアップ報酬などのほか、週間の挑戦を完了することで同じアーマーセットながらステータスがより高いパッケージを入手できるとのこと。

さらに、新しく「追求武器」というカテゴリの装備が追加されます。これは以前にあった最高峰や儀礼武器を復活させたもの。 武器につくパークは固定されているものの、最後の2つのパーク列に複数のパークが用意されているのでカスタマイズが可能です。 次シーズンからは銃器技師のバンシー44がベースとなる武器を取得するためのクエストを提示しています。 このクエストはストライク、クルーシブル、ギャンビットそれぞれから選択できる模様。 また、獲得した後はザヴァラ司令官、シャックス卿、放浪者がそれぞれのアクティビティに見合った外観を変更する装飾を取得するためのクエストを追加で提示するようになります。 これらのクエストは同時にこなすことも可能です。 追求武器の第1弾となるシーズン12ではスナイパーライフルの”Adored”が実装されます。

Destiny 2:2020年11月11日から始まる4年目拡張コンテンツ「光の超越」で変更される各アクティビティの内容と新しいアクティビティ報酬が公開
現在の人気武器「寵愛」がベースとなっている新しいスナイパーライフル”Adored”

Destiny 2:2020年11月11日から始まる4年目拡張コンテンツ「光の超越」で変更される各アクティビティの内容と新しいアクティビティ報酬が公開

Destiny 2:2020年11月11日から始まる4年目拡張コンテンツ「光の超越」で変更される各アクティビティの内容と新しいアクティビティ報酬が公開

Destiny 2:2020年11月11日から始まる4年目拡張コンテンツ「光の超越」で変更される各アクティビティの内容と新しいアクティビティ報酬が公開

整理されるプレイリスト

『Destiny 2』は発売から3年が経過しました。それまでの間に様々なプレイリストが追加された結果、一度にプレイできるアクティビティが飽和してしまい視覚的にもゲームプレイでも分かりづらいものになっていました。そのため、11月11日から1年目のコンテンツの多くを一旦ゲームから削除して再構築を行う「Destinyコンテンツ保管庫」が始動します。 それにあわせて、ゲーム内に残るアクティビティにも大きな調整が実施されます。

ストライク

選択できるプレイリストが「バンガードストライク」と「ナイトフォール試練」の2つのみに削減。現在も提供されている強力な装備や最高峰の装備を入手できる週間の挑戦は継続。ナイトフォール試練は今後も低難易度でのみマッチメイキングが有効化され、高難易度になるほどより良い報酬を入手可能。 さらに、今後は既存の武器の上位版となる「新・武器」を追加することを検討しているそうですが、続報は次シーズン12ではなくその先のシーズン13の前にさらなる詳細とあわせて公開されるとのことです。

クルーシブル

シーズン12からは一部のルールが削除されます。 そのかわりに評判のよいソロ専用ルールのフリーランスがアイアンバナーにも追加されます。

  • 主要モード: コントロール、サバイバル、ランブル、ライフリミット、ライフリミット(フリーランスも含む)
  • 週間ローテーション: クラッシュ、カオス、ショーダウン。
  • プライベート対戦
  • 期間限定: アイアンバナーにアイアンバナー:フリーランスがシーズン12で登場。
  • 週末限定: オシリスの試練。
    • オシリスの試練ではシーズン12から7勝達成の証のライトハウスの報酬として「新・武器」が追加されます。

ギャンビット

現在、ギャンビットには通常の「ギャンビット」と試合ペースが早い「ギャンビット・プライム」の2つが用意されていますが、シーズン12からは1つに統合される新しいモードに生まれ変わります。
これまでのギャンビットよりも1試合がプライムギャンビットよりも少し短いモードを目指して設計されています。 以下は変更点。

  • プライムギャンビット専用アーマーパークの廃止。
  • かけら回収フェーズが全体に半分から2/3に拡大。
  • 敵ウェーブで現れたボスをミニボスかエリートに引き下げ。
  • ブロッカーが宿られたキャプテンからファランクスに変更。
  • パークの廃止にあわせてかけら20個で召喚される特大ブロッカーも削除。
  • 侵入できる回数は3回のまま。ただし次に侵入できるまで20秒のクールダウンに変更。
  • プライミーバル戦から時限付きスレイヤーバフを削除、特使を倒した際に付与されるように変更し効力も増加。
  • プライミーバルに40%のダメージを与えるたびに特使がリスポーン。侵入されてプライミーバルの体力が回復しても逆に特使のリスポーン回数を増やしてスレイヤーバフを重ねて逆転勝ちを狙うことも可能。

以上がシーズン12にあわせて変更される各アクティビティの内容です。 なお、シーズン12が始まる4年目拡張コンテンツ「光の超越」は2020年11月11日から配信されますが、それまでに他にもエバーバースなどの課金システムやサンドボックスの変更などについても語られるとのことです。

基本プレイ無料FPS『Destiny 2』の対応機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC

Source: Bungie

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る