CoD:BOCW:被弾時の”ひるみ”が事実上の撤廃、エイムがぶれない仕様に

CoD:BOCW:被弾時の”ひるみ”が事実上の撤廃、エイムがぶれない仕様に

アルファ版の限定的なプレイテストが行われた『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』ですが、今回は被ダメージ時のいわゆる「ひるみ」システムが再設計されるというニュースです。

『CoD:BOCW』怯み効果撤廃

CoDシリーズではこれまで、銃撃を受けるといわゆる「ひるみ(フリンチ)」効果がかかり、エイムがぶれる仕様が入っていました。賛否両論あったこのシステムが『CoD:BOCW』では再設計されるそうです。

「ダメージフリンチ(ひるみ)はBOCWで再設計されます。ひるみは主に、自分がダメージを受けていると分かるようにするためのフィードバック・メカニズムとなり、武器のエイム位置には影響を与えません。武器の動きはあなたの画面に従ってターゲットに合わされます。ヘッドショット時のひるみも生じません」

Treyarchのスタッフであるトニー・フレイム氏が、自らのツイートの中で「ひるみ」システムが事実上の撤廃となる旨を明言。今後は被ダメージを確認するためだけのシステムとなるそうです。これにより、先に撃たれてもエイムがぶれず、敵に撃ち返せるチャンスが広がるでしょう。

新しい「ひるみ」システムの実際の操作感については、現地時間10月8日から開始するオープンベータに参加して確かめてみましょう。

CoD:BOCW | マルチプレイヤー「コントロール(MOSCOW)」アルファ先行プレイ映像 【コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー】- EAA

CoD:BOCW:早期アクセス・オープンベータの日程発表、全プラットフォームによるクロスプレイ・ベータ!

アルファ版『CoD:BOCW』のTTK比較:『CoD:MW』より遅めで『CoD:BO4』より早めだがヘッドショットの重要性が上昇

CoD:BOCW:『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』アルファ版先行プレイ映像一覧

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series Xで、発売日は現地時間2020年11月13日(PS5版/Xbox Series X版は2020年末)。

Source: CHARLIE INTEL

購読
通知
guest
20 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
観葉植物くん
観葉植物くん
3 日 前

どちらかというとキャンペーンやcoopへの朗報
多数相手かつそれなりの精度と反応で当ててくるから被弾原因で外す事多い

名無し
名無し
3 日 前

何か色々言われてるけど怯みって全く機能してなかったよね
まずどうしても生じてしまうラグで怯む前に相手が死ぬ事があまりにも多い
それにBO2やゴーストなんかは怯みが大きかったけど怯み軽減パークがあったから皆がそれをつけていてパークの選択幅が狭まると言う悪い結果をもたらしていた
その点BO無印は良く出来ていたよねハードプロは貫通力上昇と怯み軽減で見るからに強いけど早業プロ(リロード速度上昇+ADS速度上昇)やステディエイムプロ(腰撃ち精度上昇+ダッシュ硬直減少)でどれを採用するか考えさせられていた
つまりBO無印を求めているものだけが文句を言って良いのでは無いだろうか

名無し
名無し
3 日 前

ぽまいら落ちケツって
どうせマウサーがどうこう言っても買うんやろ?

くそ
くそ
4 日 前

正直来て見なきゃ分からんわ

あ
4 日 前

ほら言ったろ?クソゲーになるってwww
せいぜい楽しめよな〜〜
これからどんどんクソ要素が増えっから対応していけよ〜頼むよぉ〜www