レインボーシックス シージ:“野良連合”の武器スキンが2月1日午後11時にストア削除、幻のスキンへ?

レインボーシックス シージ:“野良連合”の武器スキンが2月1日午後11時にストア削除、幻のスキンへ?

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では2月9日より世界大会「シックスインビテーショナル2021」がパリにて開催されます。

日本チームに関しては、プロeスポーツチーム野良連合のスキンが間もなくゲーム内ストアから削除されることが発表されています。

野良連合の武器スキンがストア削除

R6 SHARE」は現実のeスポーツチームをモチーフにしたアイテムを販売する収益シェアプログラムで、2020年シーズンにAPAC Northで戦った野良連合の武器スキン(MP5用)も1月8日からゲーム内ストアで購入可能となっています。

しかしその一方、「R6 SHARE」に参加するチームはUbisoft側の定めた一定の要件を満たす必要があります。シージeスポーツ公式Twitterの日本時間2月1日早朝のツイートによると、野良連合はその要件を満たさなくなったため武器スキンの販売が終了、日本時間2月1日午後11時をもってゲーム内ストアから削除されるようです。

R6 SHAREアップデート:有資格ロースターが揃っていないため、野良連合はR6 SHAREの要件を満たせなくなりました。したがって、野良連合の武器スキンは日本時間2月1日午後11時をもって購入不可能となります。今回の削除は有資格ロースターが登録されるまで有効とします。

野良連合は1月16日にロースターのうち4名の選手と契約終了しています。シージeスポーツのグローバルルールブックに基づき、APAC Northで試合を行うライセンスを2021年シーズンも維持するには、チームメンバーのうち最低でも2名の選手はAPAC Northへの出場資格を持っている必要があります。この点を理由にR6 SHAREから外されたようです。

詳しくはこちらの記事を覧ください。

日本時間2月1日午後11時に削除

シージeスポーツ公式Twitterからは、要件を満たせばスキンが復活することが示唆されています。しかしそのためには、2020年シーズンにAPAC Northで試合に出ていた選手、または2021年シーズンへの出場資格を持っている選手を他のチームから獲得しなければならないため、どこまでその可能性があるのかは不明です。

野良連合のMP5用武器スキン

以前にも、参加要件を満たさなくなったことでアイテムがストアから削除されたり、アイテムの販売予定が立ち消えとなったりしたプロチームは複数ありました。販売開始からまだ1ヵ月と経っていない野良連合の武器スキンも、そうした幻のスキンの一つになってしまうのでしょうか。

なお今回はストアからの削除であるため、既にお持ちの方は引き続きゲーム内では使えるものと思われます。まだ持っていない方は、この機会に購入されてみてはいかがでしょうか。

Source: Rainbow Six Esports

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    持ってる方がセンス無い

  2. By nrt

    限定と言われるとオッてなるけど、絶望的にダサいから買うことはないな…

  3. By q

    買う予定なかったけど無くなると言われると欲しくなる

  4. By なまえ

    もう無理だろうね
    あの人がいまだチームに残ってる辺りで冊子
    に挟んであるチラシ

コメントする

*