オーバーウォッチ:対応GPUで遅延低減の「NVIDIA Reflex」が使用可能に/エコーに関するバグ修正などをテスト(PTR)

オーバーウォッチ:対応GPUで遅延低減の「NVIDIA Reflex」が使用可能に/エコーに関するバグ修正などをテスト(PTR)

本日2021年3月13日、Blizzard Entertainmentは『Overwatch(オーバーウォッチ)』のPTR(パブリックテストリージョン)サーバーに対しアップデートを実施。アップデート内容は「NVIDIA Reflex」への対応とオプションの追加、バグ修正となっています。

一般的なアップデート(PTR)

「NVIDIA REFLEX」オプションの追加

  • 対応するNVIDIA製GPUでNVIDIA Reflexを使用可能になりました。
    • グラフィックのオプション画面でReflexを有効化すると遅延が低減されます。また、Reflex対応のGPUでフラッシュ・インジケーターを有効化することにより、Reflex Latency Analyzer内蔵のモニターで遅延測定の精度が向上します。

既に『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』や『VALORANT(ヴァロラント)』など、一部のFPSタイトルが対応している「NVIDIA Reflex」にオーバーウォッチも対応します。

現在はPTR段階ですが、有効化することでシステム遅延の軽減に期待できます。対象項目は「オプション > ビデオ > NVIDIA REFLEX」にあり、項目は「無効」「有効」「有効+ブースト」の3つから選択可能。

「NVIDIA REFLEX」 – 低遅延を実現する ESPORTS テクノロジ

NVIDIA Reflex の仕様や詳細については、NVIDIAの紹介ページをご覧ください。

不具合の修正(PTR)

一般

  • ゲーム・モード「バウンティ・ハンター」でウィンストンを「コピー」したエコーが通常よりも長く「プライマル・レイジ」を持続できる不具合を修正

マップ

  • DORADO
    • プレイヤーが本来入れないエリアにグラップルで移動できる不具合を修正

ヒーロー

  • エコー
    • 高解像度のスクリーンショットでエコーの「コピー」の視覚効果が正しく表示されない不具合を修正

ワークショップ

  • 拡張要素「さらにダミーボットを生成」有効時に、スロット13から23の間で「ダミーボットを作成」アクションが作動しない不具合を修正

関連記事

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / Xbox One(海外のみ)/ PC / Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション – PS4

8,097円(04/13 18:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source:Overwatch

コメントする

*