レインボーシックス シージ:新防衛オペレーターThorn登場、固有ガジェットは設置型フラググレネード?

レインボーシックス シージ:新防衛オペレーターThorn登場、固有ガジェットは設置型フラググレネード?

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー6シーズン3「オペレーション・クリスタルガード」が進行中。また次回イヤー6シーズン4の情報も出始めており、11月4日にはこのシーズンで登場する新たな防衛オペレーターThorm(ソーン)が紹介されています。

新防衛オペレーターは「Thorn」

11月4日、レインボーシックス公式Twitterおよび公式サイトにて、イヤー6シーズン4「オペレーション・ハイキャリバー」で登場する新たな防衛オペレーター、Thorn(ソーン)ことブリアナ・スキーハンが紹介されています。

2月に公開されたロードマップから、彼女はアイルランド出身のオペレーターであることが分かっています。また公式サイトのSlegde(スレッジ)からの報告では、「彼女ほど強く賢い兵士はそうそう見つからない」ほどの実力者で、「自分が受けた扱いはきちんと相手に返す」性格のようです。

新武器と新ガジェットもチラ見せ

thornsnewweapon
手にしているのは新武器のようだ

11月2日に公開されたティザーでは、Y6S4で新武器が登場することが仄めかされていました。実際にThornの紹介ムービーの中でも、彼女は現在のシージのゲーム内では見たことのない武器を使っています。リプ欄などでは、その特徴的なシルエットからUZIとの類似が指摘されていますが、果たしてどのような銃なのでしょうか。

ソーンのガジェット
手榴弾のようなガジェット

また、紹介動画ではThornの固有ガジェットと思われるものも使用されています。爆発して鋭い破片が飛散しているところから、壁に設置できるフラググレネードのようですが、公式サイトのSlegdeによると「“縄張り”意識を体現したような代物さ。あれの警告ゾーンに入るのは、裸足で踏みつけそうになったサボテンがそのことを教えてくれるのに似ている」とあるので、効果範囲を持つトラップ系ガジェットの可能性もあります。

防衛側のガジェットとしてどのような役割を果たすのか、ニトロセルと比較してどのような優位性があるのかなど、さらなる情報を待ちたいところです。

新オペレーター・Thornを含めた「オペレーション・ハイキャリバー」の全貌は、秋の世界大会シックスメジャーの初日である、現地時間11月8日午後7時(日本時間11月9日午前3時)に発表されます。

Source: R6S Official

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    この映像みたいに目立ってると打ち壊されて終わりだし、
    目立ちにくいようになってるのか?
    感知範囲と感知起爆ラグ、威力次第で壊れにもクソ雑魚にもなり得るオペ出してきたな〜。
    新武器は楽しみ。

  2. By 匿名

    OSAなど盾持ちに強く出られるのか気になるところだな

コメントする

*