CoD:ウォーゾーン:対戦データから自分のプレイスタイルを判定できる”COD Role Call”公開、16種からロール称号を獲得しよう(カードDLも可能)

CoD:ウォーゾーン:対戦データから自分のプレイスタイルを判定できる”COD Role Call”公開、16種からロール称号を獲得しよう(カードDLも可能)

Raven Softwareの『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)』では、現地時間12月8日よりバトロワ用の新マップ「カルデラ」が登場します。これに先がけて、今日までウォーゾーンで対戦経験を積んできたプレイヤーに向けて、自分のプレイがどんなタイプかを判定してくれる「COD Role Call」が公開されています。

『ウォーゾーン』で自分はどのタイプ?

日本時間11月23日、コール オブ デューティ公式Twitterより、『ウォーゾーン』プレイヤーがブラウザ上で楽しめる新機能「COD Role Call(CoDロールコール)」が公開されています。

こちらのサイトにログインすることで、ウォーゾーンサーバーに記録されている自分のキルレシオや契約達成数、チームメイトの蘇生回数などが自動的に参照され、自分がバトロワでどのような役割(ロール)を担っているかを、さまざまな称号で判定してくれます。

rollcard
「Survivor(サバイバー)」に認定された

なお獲得した称号はSNSでシェアできるほか、表示されたカード画像をダウンロードすることもできます。

ロール称号は多種多様

「COD Role Call」には、さまざまなプレイスタイルに合わせて、多様な称号が用意されているようです。全何種類かは不明ですが、たとえば「攻撃的なタイプ」だけでも少なくとも4種類に分かれているようで、公式Twitterには専用カードとともに16種類のタイプが紹介されています。

  • 攻撃的なプレイヤーに贈られるロール称号
    • Slayer(スレイヤー):キルカウントに優れたプレイヤー
    • Sharpshooter(シャープシューター):ヘッドショット率が高い
    • Gunner(ガンナー):与ダメージ量が傑出している
    • Fighter(ファイター):収容所での勝率が高く頻繁に復活
  • 攻撃支援型のプレイヤーに贈られるロール称号
    • Arms Dealer(アームズディーラー):チームに武器やアイテムをより多く提供
    • Airstriker(エアストライカー):爆撃系ストリークの使用回数が多い
    • High-Roller(ハイローラー):購入ステーションを頻繁に使用
    • Eagle Eyes(イーグルアイ):UAVを呼び出した回数が最も多い
  • 守備的なプレイヤーに贈られるロール称号
    • Tank(タンク):被弾数が多い
    • Survivor(サバイバー):生存能力が高い
    • Marauder(マローダー):対戦中の移動距離が長い
    • Sidekick(サイドキック):チームの支援に貢献
  • 守備支援型のプレイヤーに贈られるロール称号
    • Savior(セイバー):味方の蘇生回数に優れている
    • Reviver(リバイバー):味方をリスポーンした回数が多い
    • Hustler(ハスラー):対戦中に稼ぐXP量が多い
    • Protector(プロテクター):味方にアーマーを多く提供

皆さんのプレイスタイルはどのタイプに当てはまるでしょうか。「COD Roll Call」をぜひお試しください。

『CoD:ヴァンガード』の発売日は2021年11月5日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: CODRollCall

コメントする

*