オーバーウォッチ:コミック「新しい風」第3話公開、元ブラックウォッチと元タロン兵の対面

オーバーウォッチ:コミック「新しい風」第3話公開、元ブラックウォッチと元タロン兵の対面

2022年1月12日、Blizzard Entertainmentは『Overwatch(オーバーウォッチ)』オフィシャルコミック「新しい風」の第3話を公開しました。

新しい風 第3話

オーバーウォッチ: 短編アニメーション”RECALL”

短編アニメーション”RECALL“の後を描いたオフィシャルコミック「新しい風」の第3話が公開されました。今回公開された第3話よりも前のストーリーは以下をご覧ください。

第2話のラストでシルエットが登場していた人物の正体はバティストでした。彼が元タロンの兵士ということで簡単には信用しないキャスディですが、共通の敵である追手のタロン兵を相手に共闘し、彼の過去を聞くことで和解。タロンの兵士として誤った道を歩んだバティストにチャンスを与えます。

第3話の中で語られたバティストの過去については、既に公開されているバティストが主人公の短編小説「捨てられた過去」で詳しく知ることができます。

また、同じく劇中で登場した「~彼女の人道支援任務がカイロであることを知っていた。」の一文は、おそらくマーシーを主役とした短編小説「ヴァルキリー」の内容を指しており、現在進行している「新しい風」のストーリーと公開済みのストーリーが絡み合う面白い展開に。

聴ける短編小説「ヴァルキリー」パート1|オーバーウォッチ

また、3話のラストシーンではキャスディがロシアのクラスノヤルスクに来ており、第4話ではクラスノヤルスク基地を活動拠点としているアレクサンドラ・ザリアノヴァとの出会いが予想されます(次回予告の挿絵には既に登場)。

今回と同様に公開済みのストーリーと絡めた展開が考えられますので、ザリアを主人公としたオフィシャルコミック「探しもの」やロシアが舞台の短編アニメーション”INFILTRATION“を見ておくと、より一層楽しめるかもしれません。

オーバーウォッチ: 短編アニメーション”INFILTRATION”

第2話で登場したファラ、第3話で登場したバティスト、第4話での登場が予想されるザリアはいずれもオーバーウォッチに所属していた実績のないヒーローとなっており、『Overwatch 2(オーバーウォッチ2 )』で再結成されるオーバーウォッチにとって文字通り「新しい風」を吹かせる存在と言えますね。

オーバーウォッチ 2 シネマティックトレーラー | “Zero Hour”

関連記事

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション – PS4

8,634円(01/20 23:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / Xbox One(海外のみ)/ PC / Nintendo Switch。

コメントする

*