Call of Duty League 2022:第1回メジャー優勝はオプティック・テキサス、名門チームが完全復活(優勝賞金約2,300万円)

Call of Duty League 2022:第1回メジャー優勝はオプティック・テキサス、名門チームが完全復活(優勝賞金約2,300万円)

『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』のeスポーツリーグ「Call of Duty League 2022」の第1回メジャーにてオプティック・テキサスが優勝。賞金20万ドル(約2,300万円)を獲得しました。

Call of Duty League 2022 第1回メジャー

グランドファイナル:オプティック5-2 フェイズ

  1. Gavutu(ハードポイント):250-130
  2. Desert Siege(サーチアンドデストロイ):5-6
  3. Gavutu(コントロール):3-2
  4. Tuscan(ハードポイント):250-212
  5. Tuscan(サーチアンドデストロイ)3-6
  6. Tuscan(コントロール):3-2
  7. Berlin(サーチアンドデストロイ):6-4

グランドファイナルは伝統の一戦、OpTic vs. FaZeのカードに決まりました。第1マップのハードポイントでは、オプティックの若手であるiLLeY選手とShotzzy選手が1.5 K/Dを超える大暴れで勝利。フェイズもこれに負けじと反撃し、サーチアンドデストロイを11ラウンドの攻防の末に勝利します。

第4ゲームのハードポイントは前半フェイズが優位に進めますが、iLLeY選手の活躍でオプティックが逆転勝利。iLLeY選手は個人戦績だけを見るとパフォーマンスが劣っているようにも見えますが、実はチームの勝利のために犠牲を払っている“影のヒーロー”。彼がキルストリークを持続させれば、オプティックはまさに無敵の状態でしょう。

最後のゲームとなったのはBerlinのサーチアンドデストロイ。3-4と遅れを取った重要なラウンドでは、Scump選手の劇的なダブルキルで人数不利をひっくり返しました。2回のチームブランド変更の末、最強のチームOpTicが再び戻ってきました。

順位と賞金

キックオフクラシックで上位入賞したサージとサブライナーズは、ともに9位タイと不甲斐ない結果に終わりました。反対にロイヤルレイヴンズは3位に着け、勢いを増しています。

  1. オプティック・テキサス:20万ドル
  2. アトランタ・フェイズ:12万ドル
  3. ロンドン・ロイヤルレイヴンズ:8万ドル
  4. トロント・ウルトラ:4万ドル
  5. ロサンゼルス・シーブス:2万ドル
  6. ボストン・ブリーチ:2万ドル
  7. パリ・レギオン:1万ドル
  8. ミネソタ・ロッカー:1万ドル
  9. フロリダ・ミューティニアーズ
  10. シアトル・サージ
  11. ロサンゼルス・ゲリラズ
  12. ニューヨーク・サブライナーズ
  • タイトル:Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)
  • 発売日:2021年11月5日
  • 対象機種:PS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S
SIE
¥5,391 (2022/04/22 22:21時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
Rakuten

コメントする