CoD:BO6 正式発表

ヴァロラント:デスに繋がる落下ポイントやサイト周りの高低差が特徴の新マップ「アビス」発表

アビス
  • URLをコピーしました!

本日2024年6月9日、Riot Games(ライアットゲームズ)は無料タクティカルFPS『VALORANT(ヴァロラント)』に実装予定の新規マップ「アビス」を発表。同日に実施されたVALORANT Champions Tour「Masters Shanghai」では、アビスを用いたショーマッチも実施された。

CONTENTS

秘密の聖域 // アビス マップ紹介トレーラー - VALORANT

本日発表された新規マップ「アビス」は、スタンダードな3レーン2サイト構成。しかし初の「境界のないマップ」と紹介されているアビスは、独自の特徴として「落下がデスに直結するポイント」がマップ上に複数設定されている。

そのため、落下デスへの注意は当然として「跳ね返りを利用した定点」や「オブジェクトとの接触で起動するアビリティ(“リコンボルト”や“ゼロ/ポイント”など)」の使い方にも工夫が必要になってくるだろう。

ショーマッチでも何度か落下デスのシーンが登場

しかし「境界がない事」は単なる制限でなく、壁がない事を利用してアビリティ(“テイルウィンド”や“シュラウドステップ”)による大胆なエントリーや索敵が行えるため、プレイヤーの想像力が試されるマップとなっている。

特に戦闘が激化しやすい「サイト周り」に関しても、AサイトとBサイトの両方に壁のないエリアが存在しており、被フラッシュ状態での迂闊な操作は危険。逆にノックバック(“ローリングサンダー”など)を利用してキルを狙う動きも面白そうだ。

ヴァロラント:デスに繋がる落下ポイントやサイト周りの高低差が特徴の新マップ「アビス」発表 VALORANT Masters Shanghai Grand Final
ミニマップからも癖の強さがうかがえる

その他、マップの特徴として「破壊可能な壁(ロータスのものと同じ性質)」の存在や、サイト周りの「高低差」が確認できた。サイト周りの高低差は、チェンバーやオーメンといった縦の機動力を持つエージェントの立ち回りに幅を持たせてくれるだろう。

ヴァロラント:デスに繋がる落下ポイントやサイト周りの高低差が特徴の新マップ「アビス」発表 84d008d26b4680477ecddfa5be58fb75
これから様々なドラマを見せてくれそうなBサイト側の足場

「アビス」を用いたショーマッチは、パッチ8.11が適用された状態で実施されており、弱体化されたレイズや強化されたネオンなどの様子も確認できた。残念ながらアイソの姿はなかったが、新環境がどのようなものかいち早く知りたいプレイヤーには、ぜひ見てもらいたい内容となっている。

本日のMasters Shanghai Grand Finalで競技シーンは一度落ち着くことになるがCS版のリミテッドベータ」「エージェントのパワーバランス大幅調整」「新規マップ“アビス”の実装(+ マップローテーション)」と、VALORANTの盛り上がりはまだまだ続きそうだ。

  • タイトル:VALORANT(ヴァロラント)
  • 発売日:2020年6月2日
  • 対象機種:PC(Riot Games
Apple(アップル)
¥81,374 (2024/01/06 20:59時点 | Amazon調べ)

Source:VALORANT

アビス

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS