『コール オブ デューティ』シリーズ3作品が一斉値下げ、9月5日より新価格で

『コール オブ デューティ』シリーズ3作品が一斉値下げ、9月5日より新価格で

スクウェア・エニックスが日本語ローカライズ版「コール オブ デューティ」シリーズの3作品を、2013年9月5日(木)より新価格で販売すると発表、早速国内Amazonで予約の受付が開始されました。

コール オブ デューティ ブラックオプスII 廉価版

コール オブ デューティ ブラックオプスII [吹き替え版] 【CEROレーティング「Z」】 [18歳以上のみ対象]
コール オブ デューティ ブラックオプスII [吹き替え版] 【CEROレーティング「Z」】[18歳以上のみ対象]

発売日:2013年9月5日(木)
対応機種:PlayStation 3,Xbox 360,Win U
価格:3,990円
Amazon:
[PS3] コール オブ デューティ ブラックオプスII (字幕版)
[PS3] コール オブ デューティ ブラックオプスII (吹き替え版)
[Xbox 360] コール オブ デューティ ブラックオプスII (字幕版)
[Xbox 360] コール オブ デューティ ブラックオプスII (吹き替え版)
[Wii U] コール オブ デューティ ブラックオプスII (吹き替え版)

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 再廉価版

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (字幕版) 【CEROレーティング「Z」】
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (字幕版) 【CEROレーティング「Z」】

発売日:2013年9月5日(木)
対応機種:PlayStation 3,Xbox 360
価格:2,940円
Amazon:
[PS3] コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (字幕版)
[PS3] コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (吹き替え版)
[Xbox 360] コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (字幕版)
[Xbox 360] コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (吹き替え版)

コール オブ デューティ ブラックオプス ディクラシファイド 廉価版

コール オブ デューティ ブラックオプス ディクラシファイド

発売日:2013年9月5日(木)
対応機種:PlayStation Vita
価格:2,940円(※パッケージ版/ダウンロード版 共に)

この値下げはスクウェア・エニックスが定期的に行っている段階的値下げで、『Call of Duty:Black Ops 2(コールオブデューティー ブラックオプス 2)』はもう一段階、『Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』の発売後に値下げされるものと思われます。

Source:SQUARE ENIX EXTREME EDGES

  • 名無し

    トゥームレイダーなんて、ゲームと別で日本語データ買わなあかんのやで(小声)
    なお、セール時にはゲーム本体よりも高いもよう

  • あら

    PC版でする意味ないやん(冷静)

  • 名無しの猫

    クズエニに金を貢ぐんだったら、鍵屋でめっちゃ安く買ったほうがいい

  • ばじすた

    一方PCは相変わらず$99.99であった
    クソエニまじでファッ金なんだけどこれ、こんなんじゃ新規ユーザー取れるわけないわ

    • 名無し

      ヒント:おま国

      • ばじすた

        他国で購入する際の値段は$59.99
        日本でのコールオブデューティシリーズの販売権利はスクエニが所持=ロイヤリティーやらなんかその辺に入る分値段上乗せ
        結果$99.99
        こんなんおま国どころじゃなくてただのぼったくりや

        以下クソゲーまとめWikiスクウェアエニックスページより引用

        ローカライズした海外ゲームの中には家庭用と同時にPC向けを出すタイトルもあるが、日本のPC市場が非常に小さな事もあって軽視されているらしく、 PCユーザーからの評価は良いとはいえない。 *6 海外では既に発売されているHitman: Absolutionを例にあげると、PCゲームDL販売サイト「Steam」にて、海外版では初期価格49.99ドルなのに国内だと79.99ドルと高額になっている。 *7 発売中の海外版にも日本語字幕が付属されていたが、何故かアップデートで削除され、国内からは前述の海外版が購入できなくなった。 また、現在9ヶ国語に対応しているはずなのに、日本からは英語・日本語以外の言語をDLできない。 これとは別に、去年行われたSteamでのクリスマスセールにおいて、何故か日本内からはスクウェア・エニックス関連のタイトルをセール値で買えない、いわゆる「おま国」となっていた。 *8

        こうした国内PCユーザー向けに通常より高額に買わせようとする姿勢からPCユーザーの評価は低く、 ローカライズはいらねぇから海外版だけやらせてくれ、とするユーザーも一定数いる。

        • ISFOFA

          スクエニは日本国内のPCゲーマー達から金をぼったくる人間の屑。淫夢民より屑

        • ばじすた

          ちなみに今上記のHitman:Absolution見たら海外$24.99で日本は$79.99でした・・・(小声)

        • ISFOFA

          え、なに・・・それは・・・(ドン引き)

      • ばじすた

        他国で購入する際の値段は$59.99
        日本でのコールオブデューティシリーズの販売権利はスクエニが所持=ロイヤリティーやらなんかその辺に入る分値段上乗せ
        結果$99.99
        こんなんおま国どころじゃなくてただのぼったくりや

        以下クソゲーまとめWikiスクウェアエニックスページより引用

        ローカライズした海外ゲームの中には家庭用と同時にPC向けを出すタイトルもあるが、日本のPC市場が非常に小さな事もあって軽視されているらしく、 PCユーザーからの評価は良いとはいえない。 *6 海外では既に発売されているHitman: Absolutionを例にあげると、PCゲームDL販売サイト「Steam」にて、海外版では初期価格49.99ドルなのに国内だと79.99ドルと高額になっている。 *7 発売中の海外版にも日本語字幕が付属されていたが、何故かアップデートで削除され、国内からは前述の海外版が購入できなくなった。 また、現在9ヶ国語に対応しているはずなのに、日本からは英語・日本語以外の言語をDLできない。 これとは別に、去年行われたSteamでのクリスマスセールにおいて、何故か日本内からはスクウェア・エニックス関連のタイトルをセール値で買えない、いわゆる「おま国」となっていた。 *8

        こうした国内PCユーザー向けに通常より高額に買わせようとする姿勢からPCユーザーの評価は低く、 ローカライズはいらねぇから海外版だけやらせてくれ、とするユーザーも一定数いる。

    • 名無し

      ヒント:おま国